« お盆だけに「墓」のお話 | トップページ | なかなかお目にかかれない雑誌「MAMOR」 »

ゲゲゲの戦記

毎日「ゲゲゲの女房」に夢中です( ω )
朝ドラはむか〜し「あぐり」「天うらら」「さくら」に夢中になりましたが、
結婚してからは、時計代わりに毎日つけています
今はBSの再放送を含めると1日6回くらい流れてるのかしら…
とにかくここ数年見ている中では群を抜いて面白い!ゲゲゲ!



そんな訳で、すっかりドラマの中のしげーさん&ふみちゃん夫妻に
夢中になりすぎた結果、リアル水木先生の著書を片っ端から読みふけっています。

漠然と貯めていたツタヤのポイントもつぎ込んでしまいました…
最近買ったのはこれ。

0822gege

「総員玉砕せよ!」は、今、ドラマの中でもしげーさん(水木先生)がちょうど
執筆中の漫画。部隊で生き残った水木先生のリアル体験記です。

私はまだパラパラっとしか読んでいませんが、もともと昔から水木ファンだった夫が
先に読んで、思いっきりブルーな顔…

「しげーさん!!頼むから、首・手・足のちぎれた絵を描くなーー⊂⌒~⊃。Д。)⊃

いや〜妖怪ものも凄まじいけど、水木先生の戦記モノ、半端ねぇーっ( ̄Д ̄
絵がすごいリアルなのと、水木先生が戦死した仲間の思いを背負って描いた玉砕もの
なので、凄まじい怨念(!)をページから感じます…
昭和史もこのままでは8巻まで揃えてしまいそうだ〜!




それにしても、私がヤホー映画で出会い親交を深めたお友達の7割は、「首・手・足」が
ダラ〜ン…となっていても、大丈夫な皆さんが多いので頼もしい(笑
私自身はホラー、スプラッターは怖がりで苦手な方ですが(でも気質は相当なS)、
それらを愛するお友達は本当に面白い方が多くて大好きです(笑
たぶん皆さん、水木先生の漫画もいけるクチですよ〜

ちなみに「戦争モノ」でダラ〜ン…だと、やはり印象深いのは

プライベート・ライアン」。最初タイトル聞いた時は、スピルバーグが
ライアン兵士のどんなプライベートを撮ったのかとマジボケしてましたからね、私(爆
米陸軍で、一、二等兵(二等兵は厳密にはPV2らしい)を「Private」と言うのは
映画を観ながら理解しました。

あの映画も1998年。もう12年前にもなるのか…
170分と長い作品でしたが、息つく暇も無く時間が過ぎていきました。
あれ、冒頭もダラ〜ンの連続でショックでしたしね。爆音と共にビックリしたー!

やっぱりお気に入りは「衛生兵」。そしてアパムです。
主役のライアンくんのことは特に…(ごめんよ、毎度のことマット・デイモンよ!)



トム・ハンクスも「バンド・オブ・ブラザーズ」につづく戦争ドラマ、
「ザ・パシフィック」を撮影中みたいですけど、これもレンタルの棚に並ぶのが楽しみ。
でも、沖縄戦を描いている分、観るほうは心中穏やかではいられなさそうですが…。

うーん、戦争ものは刺激が強い分、見終わるとなんともいえない気分になりますね〜
水木先生の戦記モノも覚悟して読まねば!

そして、10月にはクドカンと吹石一恵で「ゲゲゲの女房」映画化!
あ〜巨乳のふみちゃんなんて観たくないわ〜クドカンじゃリアルすぎるしな〜
二番煎じを狙ったこの映画、たぶんコケるでしょう(爆

|

« お盆だけに「墓」のお話 | トップページ | なかなかお目にかかれない雑誌「MAMOR」 »

読み物あれこれ」カテゴリの記事

コメント

『ゲゲゲ・・・』
そこまではまっておられるんですね~
私、なんか変にあまのじゃくなところがありまして・・・
あまりにも巷で評判になってると避けてしまう傾向に・・・
なので、こんなに話題になっているのに未見なんですよぉ~><
偶然、病院かどこかでテレビがついていて、部分的にだけみた覚えがあるんですが、水木先生のお話だということも、ごく最近知ったと言うボケっぷり。。。
『ゲゲゲ~』なんて、へんな題名!くらいにしか思ってなかったんですね~。。。
激しく後悔^^;
『冬ソナ』も当時のブームに乗ることもなく、数年後遅ればせながら、めっこりはまってました(爆)

見逃してしまってるけど、ってもう終わりなんですよね・・・
ちょっと巻き返ししなくては・・・(笑)

投稿: ようこ | 2010年8月23日 (月) 00時13分

ようこさん、そのお気持ち、すっごく分かりますー!
「巷で話題」って、正直、たいして興味をそそられませんよね!(爆

で、信頼してる人が「いいよ〜」と言っているのを
聞いて、「あの人が言うならそうなんだろう」と
やっと思うくらいです。

「ゲゲゲ」は、やはり水木御大がとにかく変わり者で
あり、そして、それを支えた奥様が若干、天然ボケで
朝ドラにありがちな「ヒロイン様のおかげ」でなんでも
解決することがないので非常にいいです。
それに、成功されてる方なので、どんなにどん底なシーンも
報われると思うと安心して見れたりw


ほし★ママさんもNHK好きなので、やはり朝ドラを
長年ご覧になっていて、今回もゲゲゲで盛り上っています。
しかも、わたくし、まだ20代前半のレビュアーBlue Worldくん
(若いのにこれまたいいレビューを書くお方)にも薦めたところ、
すっかりWorldくんもゲゲファンになっております。
若い男の子もはまるドラマ


ゲゲ効果で、向井理さん人気もうなぎ昇りですね〜
でも、出過ぎて飽きられないといんだけど…


「冬ソナ」はうちの父がはまりました。
なんか精神的におばさん化してるのか…

9月末で終了なので、その後に「総集編」があります。
よかったら、そちらご覧くださ〜い

投稿: すみちん | 2010年8月23日 (月) 11時34分

ゲゲゲ・・見てないんですよね。
でも出張先でBSで1週間分?やっててそれをちょっと見たら結構面白かったです。
今更ながら見ておけばよかった・・と。
で、帰ってきてから見てないと。
ま、旅の思い出ということで。

「プライベート・ライアン」といえば
バリー・ペッパーですかね。スナイパーかっこええわ~。
久々に観た時にヴィン・ディーゼルが出てて驚いた記憶があります。


ゲゲゲの映画化はクドカンですか・・
また尻すぼみな展開になりそうでこわいです。
ま、観ないんですが。

投稿: 次元 | 2010年8月23日 (月) 23時05分

ゲゲゲの鬼太郎やら悪魔くんやら、水木先生の漫画はそれこそガキの頃に
夢中になって読み漁りましたね、懐かしい。
学研だかから出ていた『妖怪入門』は座右の書というべき一冊でした。

そう言われてみると、それほどリアルな絵でもないのに
妙に生々しくて「フハッ」としてしまう場面とかありますよね。

中でも水木版「少年時代」みたいな漫画があって、
子ども同士の抗争劇を描いたものだったんですが
ここで使われる攻撃手段がすり潰したイモ○シやら切り刻んだ○ミズやら
ウ○コやらゲ○やら、すさまじくエグイものばかりだったので
いまだにキョーレツに印象に残ってます。

え。「ゲゲゲの女房」映画化されるんですか。
大丈夫かクドカン?一同郷人としても心配ですな。
ま、オラも観ないんですが(笑)

投稿: たまきち | 2010年8月23日 (月) 23時31分

お〜、次元さん、出張先で見ましたか〜
結構、男性受けも良いんですよね。
まあ、見れば見るほど水木御大の奇人変人っぷりには
驚かされます。私にゃ〜女房は無理だ〜


バリー・ペッパー( ω )
プライベートライアンでペッパーファンになりました。
まだ若かったですよね〜 新人扱い。
そうそうディーゼルも出てましたよね。
何気に豪華キャストでした。
映画館で観て以来、観ていないので、12年経った今、
改めてDVDで観たい気分です。


映画ゲゲゲは、監督はパッとしない方で(失礼)、
クドカンが水木先生、吹石さんがふみえさんです。
私も観ません……(爆

投稿: すみちん | 2010年8月23日 (月) 23時33分

こんばんわ~♪

名前出していただいたようで!
若造ですが今週もハマっております。
今週はちょっこし二人の危機ですね~、ヒヤヒヤです。

すみちんさんに紹介していただかなければ
「ゲゲゲの女房」と出会うことなかったですから感謝です♪

しげーさん(水木しげる)のポジティブさと
困難を乗り越えるたびに夫婦の絆が深まっていく感じがやっぱり良いですね~。

おおっ9月に総集編があるんですか~
序盤観ていないので観なければ!

映画化したゲゲゲは確かにコkそ…ゴホゴホ
というかキャストで興味が湧きずら…ゲフンゲフン(汗

プライベート・ライアンの新解釈は斬新ですねw
僕も「アパーム弾持ってこい!」で有名なアパム好きでした(^-^)
ラスト、りりしくなったのがなんか複雑でした。

水木先生の戦記もの…強烈そうですね。
「総員玉砕せよ!」って先週のアレですね~
壮絶そうなので覚悟持たないと読めなさそうです。

投稿: Blue World | 2010年8月23日 (月) 23時47分

玉吉さん、昨晩は返事が次元さんまでで中途半端に
終ってしまいごめんなさい
お風呂に直行しておりました。でもって、あがった後は…
(´△`)Zzzz・・・。o○


玉吉さん、水木先生に惹かれそ〜!
でも、男の子って、なんだか惹かれる要素があるんでしょうね。
うちの夫も妖怪図鑑(?)みたいなのの話を
よくしています。みんなで読んでる分にはいいけど、
いざ、1人で家で読むと怖くなったとか(苦笑

ちなみに去年、悪魔くん柄のTシャツをユニクロで
買って、パジャマ代わりに着ていますが…
なんかおどろおどろしくてすごい柄です(笑


あははっ、水木漫画って、結構、シモ系多いですよね。
やっぱり凄まじいもの投げてましたか(笑
私が読んだ戦記モノや少年時代ものも、
何かあるとウ○チが出てきて大活躍(?!)していました。
あと、「人は死んだらどうなるか?」と疑問に思った
水木少年が弟を水死させようとした話とか強烈
売れて精神的におかしくなった話もかなりすごいのが
多くて、いやはや、あの方本人が妖怪なんじゃないかと思いますね〜

「ゲゲゲの女房」、朝ドラが終った翌月10月公開です。
なんだかすごいいやらしいタイミング(^^;

うちの夫曰く「ヤホーに映画観ないで投稿する人みたいに、
「二番煎じ許せません!」とか書いて投稿してよ(笑)」
と。

ある意味、支持者が多そう(苦笑
それだけ映画化はビミョ〜ですわ

投稿: すみちん | 2010年8月24日 (火) 21時46分

Worldくん、今日のしげーさんはありゃ酷い
ふみちゃん、とうとう爆発してしまいましたね。
(でも、よくぞ言った!)
藍子がいじらしいし、喜子が泣くのを見ながら切なくなりつつ、
ホント、あの2人の子役はかわいいですよね〜

なんだか貧乏時代の回想が懐かしかったです。
家が職場っていうのも難しいですね。
でも、手紙を捨てちゃダメよ〜〜つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

今週はヒヤヒヤ続きっぽいです。
喜子にあのクオリティの高い(笑)鬼太郎ハウスを
プレゼントしたあのお方も鍵になりますよ〜

あ!Worldくん、ごめんなさい。
9月いっぱいまで放送なので、たぶん10月の中旬あたりかも
しれません、総集編は。
是非、頭の方もご覧になってね〜(◎´∀`)ノ

プライベート・ライアン、本当にライアン二等兵の
プライベートな諸事情だったら、ある意味すごい
作品ですよね。「ライアンの日記見ちゃった〜www」程度の(笑

あれ、アパムが主役でもよかったなぁ。
「アパ〜ム!弾持ってこい!!」はもうあの作品を
代表するネタ的な名台詞ですよね〜

「総員玉砕せよ!」は、「みんなが主役」という感じで
かなり淡々と描かれています。
これのドラマがとてもよく出来ていたので、
たぶんまた再放送するかと思いますので、
是非、香川照之さんの水木先生もご覧ください。
もうですね〜…気持ちわるいの!(笑

先日、「悪魔くん」の貸本時代の復刻版を見つけましたが、
1冊1900円。こりゃまた高いなぁ〜
ゲゲゲブームにのって一儲けしようと、
どこの出版社も必死ですね。


ゲゲ映画化。
吹石さんのふみちゃん…
巨乳のふみちゃんなんていらない!(爆

投稿: すみちん | 2010年8月24日 (火) 21時58分

おはようございます♪

ゲゲゲの女房良い作品になってますよねぇ。
私、平日はすでに会社にいてる時間なので見れないんですが、
土曜日の朝にだけ見てます。それでも十分面白いです。
撮影はクランクアップしたそうですが、
どんなラストになるのか楽しみですね♪

映画は、うん。コケちゃいますよねぇ(爆

えぐい描写は大丈夫な人なので
水木さんの他のものも読んでみたいです。
だいたいテレビアニメでしか拝見してないので(汗
私の中での気持ち悪い画は「はだしのゲン」ですね。
皮がべろーんってなっても皮を引きづって
水を求めてうつろにさまよう人たちの絵は、まじでビビりました(涙

投稿: ココロ_kibou | 2010年8月25日 (水) 08時53分

わぁ、ココロさんも時々ご覧になっていましたか
ホント、あと1ヶ月と思うと寂しいです。
それくらい久々に良作朝ドラ

水木先生ご夫妻が、「実在の人物」なので、
ラストはどうなるかというより、
どこで終るのかな?って感じですね。
最後だけ、ホンモノが出てきたりして(笑

映画は…ココロさんもやっぱりそう思います?!
うん、コケると思いますよ(爆
でも、意外と入ったりして…興行成績はいいけど
評判が悪い…とかのパターンで(^^;


水木漫画、私もアニメの鬼太郎しか見たことが
なかったので、改めて漫画を読んだら、
いや〜、深い深いっ。
でも、時々投げやりというかテキトーなのもあって、
水木御大の精神状態を垣間みます。
手抜きとかではないけど、明らかに「水木先生、
この時、かなり精神的にいっちゃってるな」みたいな。

「はだしのゲン」は何故かみんなが通る道ですよね。
小学校の図書館とかにもあるし…
あれは私も「うぉーーーーー(;;;´Д`)」って感じです。
目に焼き付いて離れないですよね〜〜

投稿: すみちん | 2010年8月25日 (水) 21時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お盆だけに「墓」のお話 | トップページ | なかなかお目にかかれない雑誌「MAMOR」 »