« ズズズ…ズズズ…ズズズ… | トップページ | 「十三人の刺客」でタイトル遊び »

ありがちパターン

「おにいちゃんのハナビ」について、新潟のことも語ろうと思っていましたが、
さすがに自分の県のことは丁寧に書きたいと思い、後日改めて書きます。

それよりパッ…と書けることを。もう24時になりますので。
でも、そのパッ…がどーしょもない話で申し訳ない( ̄З ̄)


実はわたくし、「キン肉マン」をいまだに読んでいる奥様です(爆

も〜しょうがないっ、小学生の時から好きなんだもの。
キン肉マンとの付き合いを書き始めると、凄まじい長さになるので割愛して、
とりあえず、今は少年ジャンプではなく、週刊プレイボーイに連載されている
「キン肉マン2世」を単行本でず〜っと読んでいます。

夫も同い年なので、小学生の時からキン肉マン好き。
コーホー!だの、ウラララララ〜!だの、カーカカカッ!だの…が言い合う仲です。
(同世代の諸君!基本だよね。これは↑↑↑)




で、先日、新刊が出たんですが、わたしゃ〜ショックを受けましたよ。
ネプチューンマンがマンモスマンに毛布かけてた

今現在の単行本では、ネプチューンマンとマンモスマンがコンビを組んでいるん
ですが、ネプチューンマンがマンモスマンに「実の息子」みたいな感情を
持ってしまい、話が大荒れになっているのです。

ネプチューンマンってのは、いわゆるツンデレオヤジみたいなもんで、
なんだかんだいって、非情になり切れず、最終的にはお涙頂戴要員の超人。

今回もあれだけマンモスマンに冷たくしておきながら、
情が湧いてきたら、何、ギター聞かせたり、毛布かけてやってんの?!
あんな巨体に毛布かけて寝顔見つめるな!(苦笑



……おっとと、すみません、今夜はネプチューンマンについて書きたかった
訳ではなく、これが書きたかったのです。

なぜ、冷たくしていたのに、情がわくと毛布をかけるのか?
(もしくは乱れた毛布を掛け直してやるのか?)
そして、寝顔を見つめるのか?
で、相手が起きると、慌てて顔をそらすのか?


も〜、映画でも何度こんなシーンを見たことやら!
決まって主人公はクールだったり、暗い過去があったり、心を閉ざしていたり。
そこに純真無垢な子供(しかも、こちらも訳あり)が絡んできて、
最初は冷たくしているのに、数日過ごすうちに、子供がなつく。
そして、子供が気を許してこっくりこっくり眠ったりすると、
動揺しながらも、そっと毛布をかけてあげる…

で、子供の口から出る言葉が「ママ……」だったりするパターンも。

そーいえば、目新しいのだと、ジャッキーのベストキッドでもありましたもんね。
修業の帰りの電車の中。ジェイデンがこっくりこっくりジャッキーの腕に
もたれかかって眠るの。この時、ジャッキーにはっきりと「情」が生まれた!




ま〜、何度もこのパターンに出会う度、ちょっと笑ってしまうのですが、
実は嫌いではな〜い(笑 なんだかツンデレキャラが親心を見せるシーンって
結構好きです。ちょっと心が和んでしまうし、「奴も所詮、非道になれないのだ!
ふははっ!」と心で高笑いしちゃったりしてます。


あと、吹替えではよくありがちな台詞で、これも好き。お決まりすぎて。
アクションもので、相手に銃を向けられた時に出る台詞。

「オーケー!オーケー…!よし、分かった…ん、ま〜…話合おうじゃないか…」

でも、敵がガンガン撃ってきてしまい

「WAHAHA!!こいつぁ〜、話が通じないとみた!」みたいな(笑



また、「明日、娘の誕生日なんだ」とか「結婚記念日なんだ」と言うと事件に
巻き込まれるか死亡。

明日、足を洗うよ。俺もやり直せるって分かったんだ。お前のおかげで
やっぱり死亡。

やだね!俺はお前達と違うんだ!1人でやらせてもらうさ!
やっぱり死亡。

俺はいい!!お前たち、先に行けーーーー!
やっぱり死亡。

来月、結婚するんだ」「娘が生れるんだ
やっぱり死亡。



これらはじめ、死亡フラグのパターンもたくさんありますよね(^^;
でも、その臭さも含めて面白いと、やっぱり映画鑑賞はやめられませんね〜

|

« ズズズ…ズズズ…ズズズ… | トップページ | 「十三人の刺客」でタイトル遊び »

映画ネタあれこれ」カテゴリの記事

コメント

いや〜またもや反応してしまいました。キン肉マンネタ( ´艸`)
ネプチューンマンがマンモスマンに、って!
面白いネタありがとうすみちん!またよろしく

投稿: まつき枝豆 | 2010年9月24日 (金) 16時08分

ウケました。
やっとのこと改心して、イイ人になった挙句の死亡フラグww
確かにこういった「お決まり」に敢えて乗るのも、映画の楽しみ方の一つですよね。

ちなみにオラがよく観るタイプの映画では、
まずビキニを脱いで湖に飛び込んだ金髪ギャルは死亡確定です。
顔にケチャップを塗って人を驚かすといった迷惑キャラ、これも
最初の血祭りに上げられるもんと相場が決まっています。
それから冷蔵庫の缶ビールが底を尽いて、「すぐ戻るから」と言って
納戸に向かった人はまず戻って来れません。
そしてエッチはウルトラリーチです。最高に無残な死に様を晒すハメになります。

なんだか『スクリーム』みたいな話になってきました(笑)
今は敢えてこれを「外す」というのが流行ってますけどね…

投稿: たまきち | 2010年9月24日 (金) 17時26分

私も小学生の時、キン肉マン見てたよ〜
まだ続いているんだね。もう30年くらい
そして、毛布=情、分かる分かる!よくあるよね(笑)

私がパッと思いついたよくあるパターンは、
★死んだ父親の片腕となって働いていた重役が実は黒幕。

★モテない主人公の憧れのあの子の彼氏はアメフト部の
キャプテン。(もしくは、憧れのあの人の彼女はチアリーディングの花形)

★アメリカの警官はドーナツが好き。あと中華をよくテイクアウト

★さえない主人公には、年の離れた利口な妹がいる

★サスペンスでは、ある家族の引っ越しシーンから始まる

★無口な父親がラスト近くで啖呵を切って、家族が唖然


横から失礼しますが、玉吉さんの「ケチャップ」には
大笑いしてしまいました。あと納戸に行ったら帰ってこない。。。もあるあるある!!ですね(笑)

投稿: ぬまっち | 2010年9月24日 (金) 19時39分

まつきぃ〜
具体例はに添付したとおりです。
ちょっと分かりにくくてごめんねっ

またいつか書くことがあるかも……
その際は、また食いついてね(笑

投稿: すみちん | 2010年9月24日 (金) 23時11分

玉吉さん、私こそ大ウケでした;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

もう、書いてくださったすべてが「あるあるある」。
ビキニを脱いで湖w
これがまたなかなかの美人だったりしますよね。
観客には「ふっふ〜」なんて思わせておいて、
ハイッ、消えたーーー!!しかも序盤ですぐ消えたー!

おふざけ迷惑キャラも消えますね〜(笑
おどけていた分だけ、残骸となった姿は…∑(゚∇゚|||)
あと、ティーンものだと、ちょっと小生意気な
オレっていけてる系キャラが、早々に祭り上げられて
いたり。

「○○取りに行ってくる」
「ちょっと○○を見に行ってくる」
これもお決まりですよね〜

「ねぇ…ちょっと遅すぎない…??(;・∀・)」
な〜んて、捜しにいったら…アーーーーーッ


あ〜、玉吉さん好みの作品はHはそうくるでしょうね(笑
ウルトラリーチてwwwwww

敢えて外さないコッテコテのも観たいです♪
いっそのこと「玉ちゃん監修 コテコテホラーシリーズ」
がリリースされたら買います(笑


「改心した途端に死亡」もかなりの数、作品ありますよね。
でも、その悔しさが主人公を強くしたりするんですが(臭)

投稿: すみちん | 2010年9月24日 (金) 23時24分

よっ!同い年のぬまっち!やっぱり見てたのね
え〜っと、もう今年で31周年らしいよ。
話はず〜っと「友情パワー」だけで持ってるところがすごい!
どんどん後先考えない展開になってるからすごいよ(笑


うははっ、ぬまっちのもあるある
★死んだ父親の片腕が黒幕!
それこそ近年だとアイアンマンとかさ、あとインセプションの
お坊ちゃんもそうだったよね〜
どんだけ身内から悪人出るんだよ、と。

★アメフトとチアは、まさにあちらの青春だよね。
でもって、アメフトキャプテンがコメディ系だと
めっちゃ脳みそ筋肉タイプで、ガリガリのダメ主人公に
中指立てちゃったりするんだよね(苦笑

★警官というか、刑事のコンビもので中華はよく見るね。
あの白い箱に入ったやつ。で、結構箸の持ち方が上手。
あと仕事サボリ気味の警官はドーナツ食べてるー!
あと、犯人追ってる時、勝手に市民の車を乗っ取るよね。

★さえない主人公って、なぜか妹がいるよね。
しかも、妹はまだ小・中学生なのに、しっかり彼氏が
いたりする。「パパとママには黙っていてあげる」などと、兄に言ったりもする。
で、ラスト、恋人ができた兄のキスシーンを
どこかしらで眺めていて「お兄ちゃんやるじゃん!」
みたいなのもあるね〜


★引っ越しシーン!!wwww
でもって、引っ越しのシーズンって大抵、夏じゃない!?
で、引っ越すとパイを焼いてお隣りに持って行く。
もしくはお隣が持ってくる。
犬は大型。犬だけはお隣りの怪しさに気付いている…とか(笑

あと、子供が「あそこのおばあさんが見てる!!」とか(怖
母「見てないわよ」
子供「見てた!」
母「それより片づけちゃいなさい」
子供「ねぇ、ママ、あのおばあさん変だよ」
母「はいはい……あ、ねぇ、あなた〜(夫の方へ)」
そして、ばばあ、じーっと見ている…とか!!!


★無口な父親!!!これも多いよね。
「夢なんて言ってないで現実を見ろ!」なんつってる
父親が、息子を突如擁護するように怒鳴るとかさ。
「今、オレの息子になんて言った…?おい、聞いてるんだ。
オレの息子になんて言った?息子は恥じることは何も
してない!」
「父さん!!!!(泣」みたいな。

あと、邦画では、娘と対立した無口な父親が
最後和解して、娘がこう言うね。
「お父さん、かっこいいとこあるじゃん」


玉吉さんのには私も大ウケでした。
いろいろな鉄則(?!)があるよね〜〜ψ(`∇´)ψ

投稿: すみちん | 2010年9月24日 (金) 23時44分

その後、思い浮かんだものの追記・雑記メモ

◆「これ、オレ(私)だと思って、持っていて欲しいんだ」
大事なものを預けた途端、死亡

◆ふとっちょキャラが突然名案を言い出す

◆補欠、もしくはマネージャーキャラが、試合のピンチを救う

◆双子は飾りにすぎない捨てキャラが多い

◆パソコンからデータを盗む際、何故か足音が迫ってきて
しかも、ギリギリにコピー完了

◆冴えない主人公が「ブロム(卒業パーティー)には
行きたくない」と嘆くが、両親は影で応援している

◆逃げる子供の手にクマのぬいぐるみ

◆実は死んでいた

◆実は宇宙人だった

◆実はゲイだった

◆実は夢だった

◆実は飛び出さない3Dだった

◆師匠が身を挺して弟子をかばって死亡

◆「なんで私には理想の彼が現われないの?!」と
言いながら、男遍歴がひどいヒロイン

◆朝ご飯が「パンケーキ」

◆とりあえず自転車で坂道

◆ジブリのキャラは走るのが異様に速い


あ、寝よう。
皆さんも思いついたのありましたら、是非。
さて、明日は忙しいです…good night

投稿: すみちんメモ | 2010年9月25日 (土) 00時12分

本記事では、いちいち「浮かぶわぁ~、そのシーン」

そして、追記の
◆実は死んでいた
以降
◆実は飛び出さない3Dだった
には、もう大爆笑でした

◆ふとっちょキャラが突然名案を言い出す
リアルふとっちょキャラの私は、コレ結構うれしい

投稿: ほし★ママ | 2010年9月25日 (土) 19時00分

ママさん、はい、「実は…」は3Dでオチを付けてみました。
でも、実際、飛び出さないのも多いですからね(笑

キッズものだと必ずかわいいふとっちょキャラがいて、
「モグモグ(なんか食べてる)…あれって、○○じゃない?」
「……。おーーーー!!それだ」みたいな流れが
私、結構好きなんです。
あ〜絶対、ここで名案くる〜〜!!ってヽ(´▽`)/

そして、ママさん…終ってしまいましたゲゲゲ。
もう十三人を見ても、完全に私の脳内は、
「倉田くん小峰さん」でしたよ〜
(小峰さんが殿に何度も…ヒィーっヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ)

「てっぱん」
いつもの朝ドラが戻ってきた!って感じですね〜
しばし見守ります。まぁ、毎回最後まで見てしまうんですけどね。

朝からお好み焼きがおいしそう。。。
エンケンさんのお父さん役が楽しみです。

投稿: すみちん | 2010年9月27日 (月) 17時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ズズズ…ズズズ…ズズズ… | トップページ | 「十三人の刺客」でタイトル遊び »