« 植物ホラー「プラントスレイヤー」ついに解禁! | トップページ | 怪盗グルーを観たいけど… »

畳の国の人だもの

今朝方、ヤフー映画のお友達・次元さんがupしたレビューの
タイトルに思わず吹き出しました。これ↓

「「ベッドでクラッカー食べさせて」「ムリ」」

ケン・クワビス監督(そっか~、「旅するジーンズ」も撮ってるのか)の
「そんな彼なら捨てちゃえば?」(原題 HE'S JUST NOT THAT INTO YOU)
の中で、復縁の条件(??)に「ベッドでクラッカー食べさせて」があるようです。

んでもって、次元さん的には「ムリ」と。

                                                       

でも、私も無理というか嫌ですね~。ベッドで何か食べるの。
しかし、ぶっちゃけると一時憧れて、ホテルのブレックファストを
部屋に頼んだ際、ベッドにセッティングしてもらったことがあります(爆

まぁ、一回やれば充分だな( ´・ω・`)

ただ、長期で海外に滞在した時は、毎日ベッドに持ってこられて、
もう半ば下着姿に近くても平気になってしまったり…慣れって怖いorz

                                                       

それこそ、邦画だと、「寝るところでごはんを食べる」描写なんて
入院してるか、時代劇の”病気のおっとつぁん”くらいですわな。

洋画で、かつ恋愛ものだと、よくベッドで朝食とってますけどね~

やっぱり日本人は「布団で何か食べる」はなかなか根付かないと思います。
あ、単なる無精は抜きにしてね(笑
「文化」の話です、文化の。

                                                                    

プラス、洋画を観ていてよく思うのは、
「頼む!!靴のままベッドで戯れるな!!」ですね~。
あれがどーも受け付けないのです。
ですから、ホテルに泊まっても、すぐ室内スリッパに履き替えちゃいます。

潔癖症とかそういうんじゃなくて、やっぱり根性が畳の国の人っぽい

皆さん、ず~っと靴って履いてられます?! 私は無理だぁ~( ̄З ̄)                                            

|

« 植物ホラー「プラントスレイヤー」ついに解禁! | トップページ | 怪盗グルーを観たいけど… »

映画ネタあれこれ」カテゴリの記事

コメント

おはよ~ございます。
ネタとして取り上げていただいてありがとうございます~

相手女性の復縁時の様々な条件の一つが
「ベッドで~」だったんですが、
私的にはそこで冷静に「ん~~ムリ」と思っちゃいました。
映画では復縁に向かって盛り上がるいいシーンだったんですがねw

やっぱり靴は違和感ありですよね。
映画でもベッドで転げまわっているシーンとか、
あぁ~あれ脱がしたいわーとかいつも思ってました。
いっそのこと気難しい日本人役とか出演させて、
”脱げっ”とかやってほしいくらいです
そんな私も畳の国の人でございます。
でもいまの部屋は洋室ですけど。
畳は家具を置くとへこむのが難点なので洋室住まいですが、
それさえなければ畳の部屋とか借りたいくらいです。

布団やベッドで食べたりすると色々とだらけますよね。
布団の頃はこりゃ~いかんと毎朝ちゃんとたたむ習慣とかつけてましたが、
きっちりそこを切り分けないと色々なところでだらけそうで精神上よくないのかもしれませんね。
ということは、日本家屋の狭さは意外とこういう部分で役立っているのかも?とふと思いました。

投稿: 次元 | 2010年10月23日 (土) 08時15分

障子にメアリー次元さん(笑)おはようございます!
今朝のレビューも笑いました。
アトムのあちらの声優の豪華さに驚愕!借りなきゃー!

「そんな彼なら捨てちゃえば?」は、なんつースイーツ(笑)な
邦題!!…と、公開前は半ば小バカにしていたのですが(爆)、
あがってくるレビューをいろいろ拝読すると、なかなか良さげ
なんですよね~  昨日、ツタヤに行ったら、もう7泊に落ちてたし、
今度借りてみようと思います。出てる女優さんたちも好きですし


そして、次元さんのちょっとした発言に、いつも「おぉ!」と
気付かされます。
なるほどね~、言われてみればそうかも
日本家屋の狭さゆえに、礼儀や作法が発達したかもしれませんね


今の我が家もオール洋室ですよ~
賃貸はやっぱりフローリングが多いですよね。

冬から二世帯住居にリフォーム中の私の実家に入るんですけど、
そこでは、琉球畳の部屋をお願いしています。
しかも、家の内装は「古民家風」。
本当は見た目も「武家屋敷風にしたい」と思ったのですが、
それはうちの父に却下されました(苦笑

ベッドで靴を脱がす日本人役が出てくる映画があったら面白い!!
「脱がし無双」みたいな感じで、あらゆるアメリカ人の家に
潜入して、ひたすら靴を脱がしては、叱る…というw

それこそ、イーストウッドに「SHITSUKE(躾)」とかいう
頑固じじいとアジア人の交流映画でも撮ってもらいたいです!

投稿: すみちん | 2010年10月23日 (土) 10時12分

今度はこちらへやって来ました〜♪


ベッドへ食事をセッティング!!わかるww!!
私もそれすごい憧れがあります。

私が以前読んだマンガでは、主人公はベッドの上で
ブレックファストの『クイニーアマン』を食ってましたww
そしてクイニーアマンのうんちく語ってましたね(−ω−)

でもベッドで食べると、ちょっと腰も痛めそうですよね(現実的)。


私は病院のテーブル付きベッドがとても欲しいです(−ω−)
起きて食べてまたそのまま寝る・・・なんとも素晴らしい画期的ベッド

テーブルの隅にポータブルDVDプレイヤーがあれば、
1日中ベッドの上でのみ暮らせるという・・・(←黙ってください)

投稿: シバ美 | 2010年10月23日 (土) 13時43分

今日はいいお天気でしたね

半世紀以上生きていると、海外にあこがれるだの、お洒落だのという以前に、
一日靴を履いていると象さんの足の様にむくんでしまうという辛い現実があるのですよ

ペタペタ素足が一番です。

あ、でもそれも冷えるんだよね・・・

皆さまのアカデミックな会話とは程遠いコメントで申し訳ない!

投稿: みつこ | 2010年10月23日 (土) 17時24分

はいは~い、シバ美さん
私もベッカム少年が生きていてよかった…と思った!!

ってな訳で、ベッドで朝食を…
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!! よりによってクイニーアマン
クイニーアマン大好きですが、あれもベッドの上じゃ~
私だったらポロポロこぼしちゃいます(;´Д`A ```


そして、私も偉そうなこと書きつつも、すごいシバ美さんが
言ってること分かるぅ~~

仕事がない日は、「元気なひきこもり」状態ですからね
極力何もしたくなくなって、手の届く範囲ですべて終わらせたい(爆

そして、シバ美さんが描いているその理想の生活…
まんま「入院生活」ですよね~~(笑

まぁ、こういうことを話せているのも健康の証ってことでw

投稿: すみちん | 2010年10月23日 (土) 17時57分

みつこさん、今日は暖かかったですね~
私は今日は合唱部の子たちと一緒でしたが、
間もなく近い文化祭に向けてあーだこーだと楽しくやっていました。
しかも、久々に明日もあちらが休みなので、
なんだか心が安らぐ週末です(笑


私も足、むくみますよ~~
特にヒールを履いていなきゃいけない日は特に。
裸足は気持ちいいですよねっ。

でも、これからの季節、私も冷えとの闘いです(´;ω;`)ウウ・・・
北海道では今週、一瞬だけ雪マークが表れていましたが、
それを見て、またぞっとしていました。
今年は暖冬だといいんですけどね

投稿: すみちん | 2010年10月23日 (土) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 植物ホラー「プラントスレイヤー」ついに解禁! | トップページ | 怪盗グルーを観たいけど… »