« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

とんだ恥レビュー「ナルニア国物語 第3章」

しかし凄いな。ヤホー知恵袋でカンニング。
思わず「英訳はなんで翻訳サイトにしなかったんだろ?」と思いつつ、
どーやったら、あんなものが試験中に送れるのか謎ですわ。
まぁ、数人で連携してやったのかしら。

ザ・カンニング[IQ=0」あたりを思い出したりもしましたが、
今だったら、「ザ・チエブクロ[ID=0]」を映画化希望…
主題歌はコブクロで…(嘘)
「ザ・カンニング」の時の宣伝のように「文部省非推薦」でしょうね~



ラストは…

主人公がチエブクロの回答を待って更新ボタン【F5】を
押し続けるのであった…しかし、反応はない…
僕にはベストアンサーさえ選べないのか…

という、あら、それって「ソーシャルネットワーク」?!みたいなの希望。

とりあえず、今頃投稿した本人はガクブル状態か、もしくは超余裕「試験管が、
大学側がザルなのが悪い」と思っているか。
どちらにしても、入試くらいちゃんと受けなさいよ!(# ̄З ̄)
これで逮捕されたら、大学どころか就職もできないじゃん!
フリーライターになって、偉そうに書籍化とかするんじゃないわよ、絶対に!




さて、この週末、なんだか立て込みましたので、25日金曜日にさっさと
「ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島」を観てきました。

Narunia1


私は土日に仕事が多忙になることが多いので、金曜封切はありがたーい。
朝イチで観てきましたが…あれ、なんでこんなに年配夫婦層が多いの?!
あとおばさま方。レディースデーのせいもありますが、皆さん、1、2章を
鑑賞済みなのでしょうか?!魔法の島へ行くには年齢層が高かった!
いや、ナルニア国へは確実に入国できない年齢であった!(私含む)

今回ナルニア初の3D上映でしたが、2Dの方がよかったかも。
何度かメガネをはずして観たんですが(必ず3Dを観に行くとやる行為)、
色味が全然ちがーう!今回は(も?!)断然2Dの色彩をお薦めします。
アスランの毛並みひとつとっても美しさが全然違いました。

でも、CG自体は素晴らしい出来で、大変見応えありました。
兄妹も「大人になったなぁ~」なんて、その成長ぶりに目を細めました。

新しいキャラクターのぺベンシー兄妹のいとこ・ユースチスも良かった。
ただ…あたくし、思いっきり名前を間違えてレビュー投稿しましたの…。

書いているうちに眠くなってきたせいもあるんですが、
どこでどー脳内変換されたのか、「ユーチナス」とすべて書く始末。
しかし、ここだけの話、それさえも「あ、間違えてる…zzz」と直す部分がありまして、
一部「ユーナチス」とか書いてましたからね。

なん、ユーナチスて。どんな危険な子供だよ!(爆



しかも、ユースチスと素晴らしい絡みを見せたネズミの騎士リーピチープも
「リービチープ」と「ビ」とすべて打った挙句、投稿。
投稿後、一切修正の聞かないヤホーレビューですからね…もう顔真っ赤。
レビュー自体消去しようかとも思いましたが、書いてる内容自体は
自分が強く感銘受けたことが並んでいたので、もうあきらめることにしました。
恥を忍んで…ううう。

なので、こちら、「ユーチナス→ユースチス」「リービチープ→リーピチープ」と
脳内変換して呼んで頂けたら幸いです。。。
恥レビューはこちら。
「誘惑と成長、そして、導きと老い」



そして、ユースチス役のウィル・ポールターくんにお詫びの気持ちをこめて、
人物レビューも書いてみました。
「役名間違い投稿(汗)お詫びの気持ち…

でも、怒ってるかな…こんな風に(苦笑


Narunia2



でもって、実は映画観ながら、ウトウトってちょっとしてしまったら、
いつの間にか彼がドラゴンになっていて、ビビリました…。
目を閉じたら、登場人物がドラゴンになってるってそうないですからね。

まさに「ファンタジー映画さん、っパネェっす!」って感じでした。


彼が出ている「リトルランボーズ」も絶対観たい!
(Kurosawapapaさんがレビュー投稿しています)


しっかし、ナルニア、すっかり盛り下がっている感じで、レビュー数も100届かず。
みんなもう飽きちゃった?!www

でもまだ続編があるのなら、観に行ってしまいそうです…

| | コメント (16)

ケータイをどう携帯するか

NZのあの瓦礫と報道を見ながらなんだか切なくて泣けてきた。
そして、昼過ぎからの報道で、多くの遺体が…と聞き、愕然。
もうね、ご本人たちの無念も胸が痛むけど、ご家族の想いは想像を絶します。

こんな時に本当にワイドショーは下品極まりない。
阪神淡路大震災の時もそうだったし、新潟の中越地震の時なんて、
子供に向かって「お友達、死んじゃったね…」ってインタビューした
バカ記者がいて、あれには憤慨しました。
インタビューされた子供が泣いてるじゃないか!
しかも、それをまたテレビで流すとは。

その他にもとにかく「亡くなった」と聞けば遺族に押し掛ける品のなさ。
今回も安否が分かる前から、家族に張り付いている模様。

私はテレビを消しました。
しばらくは、文字で情報を得ます。



今回、閉じ込められながらも、携帯電話からご家族にメールした方も
いらっしゃいましたが、こういうの聞くと、「ケータイって、常に携帯してた方が
いいんだな…」って改めて思いますね。

いや、「携帯するから”携帯電話”でしょ」なんですが、
私、電話嫌いなもので、運転モードなんかにしちゃって、
カバンの中にしばらく入れたまま、とか、近所へ買い物に行くくらいなら、
家に置いて行っちゃったりすることも度々。


学生時代は、ほんと~~によく長電話もしたもんですが、
周囲も家庭を持ち始めたり、仕事も多忙だったりで、時間が合わなくなってくると
「楽しい電話」はほとんどかかってこなくなりました。
こちらもなんとなく、旦那様やお子さんの顔を浮かべて遠慮してしまったり、
今頃、まだ仕事中かも…と思うと、やはりメールになります。

楽しい電話は減ったのに、仕事の嫌な電話はよくかかってきますので、
だから尚更、放置気味に( ̄Д ̄
ケータイは、メールするためだけに持っているようなものなのです。


でも、今回のように「もしも」の時を考えると、もう外出時は
首からでも下げていた方がいいのか?!と思うほど。
男性はお尻のポケットに入れてることが多いでしょうけど、
女性はやっぱりバッグに入れて持ち歩くことが多いですからね。
いざとなると、バッグから出すのは難しすぎるかも…


今回、緊急時の時の携帯電話の役割をまたひとつ知った気がします。

| | コメント (7)

実年齢

なぜか地元紙・新潟日報では、ちびまる子ちゃんの四コマを連載。
「なぜ…新潟だけ??」と長年思っていましたが、
これ全国の九誌合同企画(北海道新聞・中日新聞・東京新聞・新潟日報
西日本新聞・河北新報・神戸新聞・中国新聞・徳島新聞)だったんですね。
毎朝、同じものが載ってるのか…

それにしても、肝心の内容が面白くない
しかし、最近、私にとって驚愕の事実が判明。
これってまるちゃんファンはもう周知なことなのかしら…

まるちゃんのお母さんは39歳だったとは!

Marukomama
※39歳のイメージです

このお姿、正直、30代とは思えず…。
私もあと数年で追い付いてしまうではないか…。

高校球児が自分より年下になり、相撲取りまでが年下になってしまった今、
こうやってマンガのキャラまで年齢を追い越していくと思うとショック。

サザエさんが24歳と知った時もショックだったけど、サザエキャラで
もっとショックだったのは、この2人です。
(そーいや、こんな話も以前どこかで書いたような。読んだことある方、ごめんなさい)


まずは彼だ!波野ノリスケ25歳!!

Norisuke
※昭和の25歳のイメージです。

こっ、こんな貫禄のある25歳、私、扱いきれないわ!
ノリスケ、若さがないよ、若さが!
それに25歳にしてこの体型、血糖値も心配だ。
ちなみに嫁のタイ子さんは22歳で、少々イタリア語を話せるらしい。


でも、やっぱり彼が一番であろう。
穴子さん、27歳!!

ある意味、リスペクトしたくなるようなその風貌!
見よう見マネであるが、JTrimで穴子さんを描いてみた。
いや~、たぶん、イーストウッドとか好きだよね(笑 ←勝手な想像

Img007

穴子さんに会ったら、思わず「穴子先輩」と呼んでしまいそう。
でも、そんな私に「いやいや、先輩こそ、人生の大先輩じゃないですか~!」
とか、上手い返しをするのが穴子さんのような気がする。

でも、後でこっそり同僚のマスオさんに、
「すみちん先輩ってさ、仕事中にレビュー書いてるぜ!」
とかチクるタイプな気もする。


ちなみに穴子さんの声を担当している岩本規夫さんって、
ドラゴンボールZのセルの声もやってらっしゃるのね。

ワーナー・マイカル・シネマズでは本編上映前に
「ワ~~ナ~~マイカルシネマズのぉ~ ポップコォォォ~~ンはぁ~~…」
とセルの声ですごい口調のポップコーンPRのCMが流れるのですが、
セル=穴子さんとなると、もう次回からこのCMを見たら、
穴子さんの顔しか浮かばない( ̄Д ̄

ワーナー御用達の方は、是非、穴子さんを思い浮かべてあのCMをご多能ください!

| | コメント (18)

闘うパンダちゃん

あと1時間もすれば上野動物園にパンダが到着するみたい。
朝からパンダ・パンダ・パンダ!とどこの局のニュースも枠取りすぎ。

でも、パンダは好きです。特に子パンダはかわいくて仕方がない( ω )
たぶん私が子供の頃、上野動物園で見たのは「トントン」かな(1986年)。
「立ち止まらずに進んでくださーい」と言われて、あまり凝視した記憶もなく…

大人パンダは立ち上がると身長が170cmほどあるそうで。
うわ~私より10cmも高いのか。
やっぱりパンダは熊なのよ!!(爆

しっかし、日中友好と言いながら、レンタル料が10年で8億て。
そりゃパンダはかわいいですけど、この料金はどーなのと?!
都民の税金で払うらしいですけど、年間8000万+αは高すぎると感じます。
赤ちゃんが生まれたら、これまた5000万円払うとか…

中国は日本からのODAのことなんて、これっぽっちも国内で発表していない
ようですし、尖閣のこともあれはちょっと…これでまた「パンダ外交」うんぬん
言い出していろいろゴネ得だとしたら!?そもそもパンダはチベッ……

あれ…誰か来た…かな…

Pandat_2

(すみちんさん愛用のパンダTシャツをしばしご鑑賞ください…)

えっ、えーと悪口はそこまでだ!
とにかくパンダちゃんには元気に育ってほしいものです!
でも、これはホント。パンダに罪はないですからね。

『パンダ』といえば、やっぱり私は「カンフー・パンダ」です( ω )
今年の夏に「カンフー・パンダ2」が上映される予定ですが、
日本はまだ詳細が決定してないみたい。

2008年に劇場に観に行って夫と大感激!
ドリーム・ワークス、本当にこだわりと見せ方がいつも素晴らしいです!

私が何よりも感激したのは、これ文字にするとおかしいんですが、
サルが猿拳、ツルが鶴拳、カマキリが蟷螂拳、ヘビが蛇拳、トラが虎拳
を使っていることだったんです。
動物の動きを模倣してできた拳法をその動物にやらせるなんて。
しかも、動きがすっ、素晴らしいーーーー!!

ご覧になってない方、こちら当時の予告です。
こっちは、もうちょい長いバージョン。肉まんでの修行シーンもアリ!

ドリーム・ワークスは、「ヒックとドラゴン」でも、とにかくスピード感が
素晴らしかったけど、このカンフーパンダもスピード・臨場感バッチリ!
そして、子供も大人も笑って楽しめると同時に、
根底にあるメッセージは大人向け。

ラーメン屋を手伝いながらもカンフーの達人を夢見ていた
パンダのポー(これってサモ・ハン・キン”ポー”じゃなかろうか?!)の
成長物語。ちょっとウルっと来てしまいます。



公開当時、吹替え版ばかりでしたが、ポーを演じたTOKIOの山口くんは
結構上手で驚きました。中尾彬さんなんてサッパリ分からないほど上手い。

本来のキャストはこんな感じで豪華です。

ポージャック・ブラック(なんだかそのまんまって感じw)
シーフー老師ダスティ・ホフマン(実写でそのまま出て欲しいほど!)
タイガーアンジェリーナ・ジョリー(個人的にはタイガーは男設定がよかった)
カマキリセス・ローガン(←グリーン・ホーネットの主演と言えば分かる?)
ヘビルーシー・リュー(マスター・ヘビの見た目もルーシーっぽい)
ツルデヴィッド・クロス(コメディアンが本業です)
サルジャッキー・チェン(日本語吹替え版では長年ジャッキーの声をやっている
石丸博也さんがもちろん「サル」担当で感激!でも、台詞少ない~~)


と~っても楽しい作品ですし、中国でも「どうして中国でこういう映画ができないの?」
と波紋を呼んだほど好評だったようです。
ちょっとスター・ウォーズっぽいところもあって、毎度いろいろなパロディを
入れてきますねー、ドリーム・ワークスは!
あと、オープニングの例のロゴも中国風になっていて面白かったです。

作品序盤のカンフーシーンはかっこよすぎて、これは絶対BDでまた観たいと
思っています!!カンフーファンは必見ですよー!
また「カンフー映画?」という初心者の方にもお勧め。


2008年に投稿したレビューです。なんか勢いだけで綴っているような( ̄Д ̄
「鑑賞後、きっと気分は、皆マスター!」

多くの方に出会って頂きたい作品です

| | コメント (12)

地獄の競技!「ドッジボール」!!

日本の小学生なら、ほぼ100%体験していると思われる球技。
その名は「ドッジボール」!!

ビビリ屋で鈍臭い私は皆の格好の標的だった!
そんな私に先生がこう叫ぶ。
「相手に背中を見せるなー!」

そうか、背中を見せて逃げるから当てられるんだ…
で、正面を見て逃げてみたよ。


………

………


顔面にぶつかって、メガネが壊れた…( ̄Д ̄


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そんなこんなで、今回ご紹介するのが映画「ドッジボール」。
2005年に映画館で観ましたが、先日、テレビで「柔らかい体育用具」が
紹介されているのを目にしまして、急激に再鑑賞したくなったのです。

以前もテレビで「柔らかい体育用具」については見たことがあったのですが、
今回、その「柔らかいボール」でドッジボールをやっていました。
なんでも「ボールが柔らかいと子供の恐怖心が和らいで積極的になる」そうで。

はぁ?!
運動音痴代表として言わせてもらうけど、柔らかいだの硬いだのは
二の次なのであーる!「痛いからやだ」とか、そんなの後の話だ!
むしろ高レベルな話だ!(えぇ?!)

当てられそうになるから嫌なんだ」けどなぁ。
自分が狙われている…そっちの恐怖なんだよ~、ヘイ、ティーチャー!


それにしても、今や、「当たるとかわいそう」「ぶつけるとかわいそう」ということで
「柔らかい道具」が主流になってきているそうです。
でも、「ぶつかっても痛くない」って、逆に怖い。
極端な話、硬いボールを投げる機会があったら、どの程度の力で
相手にぶつけると痛いのか、実感が湧かないのではないでしょうか。

でも、「我々の時代は硬いボールで我慢したのだ!だから君たちも耐えろ!」
というのも、子供たちからしたら「うぜー!」という話で、
どこまで大人が思い出と共に、痛みを強要していいもんだか難しいですね。


「○○したらかわいそう」
こんな言葉が多くなった世の中ですが、でも、
「”○○したらかわいそう”なんて制限してしまうのがかわいそう」とも思いますね~

ままま、そんな説教臭い話はおいといて、映画のお話。
アダム・サンドラー派の私も、結局はいつも観てしまうベン・スティラー作品。
この「ドッジボール」もアホらしさ満点、下品度満点の珍作でした。
もう、このメンツを見ただけで、なんだか笑ってしまう。。。

Dojji



いろいろ詳細はレビューに書いてみました。こちら↓
「キャッチできる?ベン・スティラーのバカ球」


レビューにも書きましたが、ベンの実の奥様も出演しています。
クリスティーン・テイラーさん。もうこの人かわいくて大好き

いいですよね、旦那がどんなにバカな作品に従事しても、
それに応えるくらいぶっとんでくれる!

今回、敵チーム同士でしたが、ベンも飛べば…

Amedodi1


クリスティーンも飛ぶ!!

Amedodi2


アホらしいドッジボールシーンの数々、もっと長い時間眺めていたかったほど!


今思えば、映画友達のほし★ママさんに、アラン・デュディックが出ている
ということだけで、これを勧めてしまいましたが、ママさん、無謀にごめんなさいねー
でも、楽しんで頂けたようでよかった!

また私の信頼しているこちらも映画友達のカナボンさんも、
「評判が芳しくないけど大好き(笑)」と書いてらしたので
ツボに入る方はかな~り楽しめると思いますよー!

但し、ツボに入らないとつらくなるのがコメディ…
ま~ヒマでヒマでどーしようもない時、手にとってみてください。

しっかし、アメリカと日本のドッジボールってルールが違い過ぎる。
外野なし、6つのボールを使いこなすアメリカンドッジボール。
私のメガネがいくつあっても足りないじゃ~ないか!

| | コメント (12)

空気がきれいでも冷えるんじゃっ!

私が一番行っているのはワーナー・マイカル・シネマズなんですが、
この近年の新型インフルエンザ騒ぎも踏まえ、そして、花粉症の
人も多いですし…ということで、こんなにの力を入れています。

『空気のきれいな映画館 ウィルスウォッシャー!
(ワーナーの公式サイト。ウィルスウォッシャーの詳細)


要は、上映が終わる度にでっかい空気清浄機(水道水を電気分解)が
回るようで、確かに入ると独特なにおいがします。
「あぁ…なんか洗浄してる…」。
森林の中に入った時のような感じ。


しかし、個人的に感じている欠点が1つ。
それは劇場が冷えるんですよ
夏はいいだろうけど、冬は寒い…。
もちろん徐々にまた暖房が効いてきて、映画の後半にはポカポカなんですが
序盤が冷えるですよねぇ。こういう時、スカートはダメだな( ̄Д ̄;;

結局、先日の「太平洋の奇跡」も序盤で「なんか寒い…」と思った途端
「トイレに行きたくなったらどうしよう」と脳がいならいことを
心配しだしたら、やっぱり行きたくなってしまった

でも、果たしてどこで行くべきか?!
トイレに行っていいシーンがある映画なんて本来ないでしょ?!
いや、ないはずなんだけど、ある映画もある(爆



結局葛藤した挙句、集中力が【竹野内豊:膀胱=2:8】くらいになって
きたので、ドドドーンババーン!!と戦場シーンの時に立ちました。
(端の席にしか座らないので、立つのは簡単なんですけどね)

でも、帰ってきたら、スクリーンの中には、さっきまでいなかった板尾さん
演じる軍曹が加わってるじゃないか(lll゚Д゚)
誰?いつ来た??
彼だけ海軍式の敬礼をしていたので、どーも海軍組らしい…と思うんだけど…
(※ご覧になった方、申し訳ない!板尾さんがどこから来たのか
なんで来たのかコメント欄で教えて頂けたら幸いです)


前後の流れから予測はつく展開だったのでよかったのですが、
ホント、トイレに行くタイミングは悩むわぁ~


実際、女性の方が男性よりも膀胱が短いんですって。
確かにトイレに立つのって圧倒的に女性が多い。
あとはご年配の皆様。
男性ってめったに立ちませんよね。
「トイレに立つなんて恥ずかしい!」という羞恥心も実は女性より強いのかな?
あとは「ええぃ、負けてたまるか!」という膀胱への挑戦か?!



私は足が冷えがちなので、映画を観ると決めている日は
飲みモノも気をつけています。
以前もどこかにも書いたことがあったけれど、「」が一番利尿作用が
少ないそうで、映画に行く日は「水」しか飲みません。

コーヒーや紅茶などカフェインが入っているものは、
利尿作用が強いみたいですね~

でも、紅茶大好き
こんな話題をふっておいてなんですが、最近こればかり飲んでいます。
オレンジの香りがふんわりして美味しいアールグレイ。
198円10パック入。よかったどうぞお試しくだされ~
ちなみに隣に写っているのは、伊勢丹とコラボしたスヌーピーマグカップ。
伊勢丹チェックがかわいいでしょ( ^ω^ )

Tea

さて、今週末の『ヒアアフター』…楽しみですが、冷えませんように

| | コメント (11)

久々に邦画2本レビュー「ちょんまげぷりん」「太平洋の奇跡」

久々に邦画レビューの連投となりました。

”食べ物がおいしそうに見える映画”って、邦画が圧倒的だと感じます。
それほど日本の食事への文化のこだわりは奥深いのと、
日本人は食事に関して「うまいまずい」がすごく厳しいかも。
食事のマナーが相当低下しているのだけが残念ね~

只今公開中の「洋菓子店コアンドル」(公式サイト ※音楽が流れます)も、
予告だけで話が読めてしまうベッタベタの展開でありながら…
やばいっ…何この美味しそうな画の数々は!(*゚∀゚)=3 ムッハー!!

このサイトの「スイーツ占い」がかわいかったですよ。
皆さんはなんでしょうね?
私は”みんな大好きデザート”のプリンでございました。



んな訳で、1本目は「ちょんまげぷりん」です!(おっ、前フリが長いねw)
読書の虫である夫が文庫本を買ってきたのが、この作品を知るきっかけでした。

もともと「ふしぎの国の安兵衛」というタイトルで、
絵もこんな感じだったのらしいのですが。。。

Yasubee

映画化決定に合わせて、タイトルもインパクト強に改編。
そして…えっ…安兵衛、イケメンになりすぎじゃ…(lll゚Д゚)

Chonmage2

(我が家にある2冊。上條敦士さんのイラスト)


個人的には「ふしぎの国の~」の方のイラストが大好きです!
これ系のイラストがかわいくてたまらなーい


でもって、こちらが映画のポスターになりますが、
真ん中のお侍風プリンのカラメルの造型が素晴らしい~。

Chonmage1


小説がなかなか面白かったし、完全に自分の脳内で「安兵衛」「ひろ子」像が
できあがっていたので、正直、錦戸くんとともさかりえサン…と聞いた時、
「こりゃスルー決定!」となったのです。

でも、観終わると、お2人にも「ごめんね」の出来でございました。
レビューはこちら
「安兵衛に惚れてしまうでござる…の巻」

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆



そして!ひっ、ひっ、久々にチケットが当たったー!

Taiheiyou2


でも、父の名前でなんですが…(遠い目)
なぜだろう、父の名前で送ると当たるんです。
私の名前で当選したのなんて、2009年のコレっきりorz
「007 慰めの報酬」に向けてのおさらい上映会参加券。

007


見た瞬間「洋服の青山」のDMかと思ったわっwww


そんなこんなで昨日、「俺も観たい!」と言っていた父と一緒に
観てきたのですが、いや~、ご高齢の皆様で平日朝からごった返して
いました。なんというか、何この和やか且つ、うるさい熱気は(爆

「うるせージジババどもだな!」と父はボソリ暴言を吐いていましたが、
いやいや、お前さんも十分「ジジイ」だと思うぞ。

まー、そんなうるせージジババども(爆)が予告中も私語連発地獄でしたが、
でも、本編が始まっていきなり壮絶な戦闘シーンが始まると
一気にシアター内も緊張の渦に包まれました。
その後も泣いたり笑ったり、軍隊小唄を首でリズムを取ったり。

ご年配の皆さんとシアターで一緒になると、こういった素直な反応は好きです。
若かりし頃はまだ「入れ替え制」でもなければ、鑑賞マナー云々がうるさい時代でも
ありませんからね。ワイワイとみんなで楽しむ娯楽時代の感覚も残っているのでしょう。

私も入れ替え制じゃない時代、2本立て公開だった時代の経験世代ですが、
(現在35歳以上だったらハッキリ記憶があると思うー!)
あの頃、上映中でも結構平気で歩き回ってる人もいたしな~(笑
入れ替えじゃないから、1500~1800円で丸一日同じ映画が観られたので、
シアター内で寝たり食べたり、なんだろうあの自由気まますぎる空間は…
今思うと、「映画が観られるユートピア」みたいな空間ですね。

あと、でっかいカセットデッキ持参で、映画の音を録音してるお兄さんとか
いました。今だったら「NO MORE 映画泥棒!」で捕まりますねw




ままま、そんな懐かし話はさておき…こちら。

Taiheiyou1


正直、もっと凄まじい頭脳戦が観られるのかと期待しましたが、
どーもそういう映画じゃないみたーい。
でも、極左でも、極右でもない戦争映画もたまにはいいもんです。
脚本は全然上手いと思わなかったけど。

竹野内さんが「撮影に飛び立つ前に「唐沢さんがすごいことになっている」と
噂に聞いていたけれど、タイに着いたら本当にすごいことになっていた」と
お話されていましたが、ガチのスキンヘッドに、ムキムキに鍛えた体、
そして、入れ墨の893一等兵のいでたちに笑ってしまいました。
やっぱ唐沢さんっていい意味で変だ。私の好きな俳優さん。


評価は案の定、真っ二つに割れていますが、
私はこれはこれでアリかな、と思える描き方でした。

特に「椰子の実」と「歩兵の本領」の使い方で評価up!
昨晩、レビューにて、この音楽の使い方も書いてみました。
「椰子の実を聞く顔、歩兵の本領を歌う顔」



「相棒 劇場版Ⅱ」で使われたレクイエムもそうですが、
歌詞の意味、音楽の意味が、そのシーンの隠れメッセージになっている
こと多々。もちろんそれをすべての人が感じるのは無理なこと。
でも、今回「椰子の実」なんて、変な言い方ですが
「”サイパンに渡った日本人”の絶好の比喩」に思えます。
もうちっとその辺もうまく練り込んでくれたらよかったのになぁ~


そして、この作品を観て、以前から思っていることが、
更に強い思いになりました。↓↓↓

グァム、サイパンの海サイコーとか泳いでる場合じゃない
無念が漂いすぎて、浮かれる観光地じゃないわ( ̄ロ ̄lll)

スクリーンに向かって合掌。

| | コメント (22)

今年の男子

美容室に行く楽しみの1つに「雑誌を読む」があります。
いつも切ってもらっている美容師さんとのおしゃべりも楽しいけれど、
普段買わない雑誌をいろいろ読むのも楽しい。

今日は「InRed」と「an・an」と「Mart」が私の前に出されました。
「InRed」といえば、宝島社のファッション誌。
すごい売上なんですよね~ 対象は『30代女子』でございます。

宝島社のファッション誌は、どーもこの「女子」という言葉が
かなりのお気に入りのようで、どの世代のファッション誌にも連呼。

ちょいと上の世代のお姉さま雑誌「GLOW」には、今月も「40代女子」と
書いてありました…そして、ちょい下の世代「Sweet」には、もっとすごい!
28歳!!一生”女の子”宣言!!」 ( ̄Д ̄

私も”かわいい系”が大好きなので、「かわいい=女の子」という雑誌の
意図は分かるんですけど、やっぱり30代以上に「女子」はやめよーぜ!…
というのが正直なところ。

これが反対に「30代男子!」とか「40代男子」はたまた「50代男子」って
雑誌にあったらやっぱり変に感じちゃうんですけど。。。



でも、「さすが!宝島社!」と美容室で笑いを堪えながら読んだのが、
「今年流行る男子はこれだ!」特集です。


今年は肉食系でも草食系でもない!
クリーミー系男子がイチバン!!


クッ、クリーミー男子……クルワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!


「仕事で疲れている女子たちを癒すのは、まるでクリームのような男子

★外見が甘い
★中身はしっかりしている
★優しさ標準装備
★男らしさのエッセンスも適度にある

だそうです。
「肉食」でもなく「草食」でもなく「雑食」なんだとか。
こりゃ男の人もいろいろ求められて大変だなぁ~。


ちなみにこうも書いてありましたよ。
クリーミーじゃない彼でも、男性は30半ばまでは調教可能です

調教可能!キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


そして、「彼はどんなクリーミー?」チェックシートがあったので、
夫を思い浮かべながら「イエス・ノー」で進んで行きました。
結果「あなたの彼は隠れクリーミー!」。

恋愛低温タイプの彼。あなた好みのクリーミーに仕立てましょう♪

またまた調教 キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!


男性の皆様、今年もがんばってください!(笑
!



| | コメント (8)

今頃ペラペラなはず…なんだが。

つい最近、私の周囲であの話題が出ました。
そう石川遼くんもやっていると言われている「スピー○・ラー○ング」。
これが効果があるか否か?!

昔から「聴くだけで話せるようになる!」という広告(「家出のド○ッピー」とか)が
ありましたが、私はどーも信用ならない

だって、1日5分聞くだけで英語がペラペラに……?!
「いつの間にか口から英語が出ていました!」とのクチコミ……

おいおい、だったら、120分洋画をヘヴィーな量見続けている
我々は(映画友達の皆さん一緒にしてごめんw)……


今頃、英語がペラペラじゃないかー!( ̄Д ̄;;


よし、これからはコメント欄も英語onlyにしよう!(嘘



私は職業柄、ヨーロッパの言語の方に力を入れて勉強し続けていますが、
本当は英語がちゃんとできると世界中どこ行っても楽なんですよねぇ

結局、「喋る」のが一番だと思います。
なんでもいいから話し相手がいて、そして、「喋り続ける」のが一番効果的。

たぶん遼くんだって、「話したい!」って気持ちがあるから上達したんだろうし、
話す相手が周囲にたくさんいたから上手くなったのでしょう。
スピー○・ラー○ングはいわゆる「副教材」でしょうね。

(もしかして、CM用だけかもしれないけどね)

日本語は約125~1500ヘルツなんですが、英語は2000~12000ヘルツ
なんですと。だから、日本人の耳には、よほど意識して英語に慣れない限り、
単語によっては「雑音」として、耳が処理しちゃうらしいですよ。
ですから語学が堪能な人というのは、もともと拾える周波数が広いみたい。

ま~、そう思うと、日本人の場合は、とにかく音に慣れることは大事で、
ス○ード・○ーニングみたいなのは「慣れ」訓練にはいいのかもしれませんね。

でも、高い教材費出すよりは、洋画で集中して音拾った方が楽しい。
私は何度か観ている作品は、英語字幕にして鑑賞することもあります。
英語字幕見ちゃうと、日本語字幕がいかに意訳の嵐か痛感しますわー
でも、字幕の文字制限の中で翻訳家さんたちはよくやっていると思う


語学はまさに「習うより慣れろ」でしょうね。
イタリア映画はようやく7割くらい字幕なしで台詞が分かるようになりましたが、
どーにか英語も字幕なしで堪能したいものです。

まー、島国日本だと、日本語onlyで生きていけますから、
別にどーでもいい~んですけどね!
(↑おっと、何故か投げやりのまま終了w)

| | コメント (12)

運動会の仮装かよ?!「拳精」

NHKの”衛星映画劇場”や”ハイヴィジョンシネマ”は、
なかなか良いラインナップで、時間が合うと見入ってしまいます。

しかし、ひとつ疑問が。
「NHKのBS、ジャッキー祭りしすぎじゃない?!」

昨年の秋にもやったはずなのに、また最近昼間に
ジャッキー作品を流しています。
しかも、また同じの流してるじゃないかー
誰だ!?NHKのジャッキーファンスタッフは!


そんな訳で、昨年も放送したのにかかわらず、何故かこの時期に
また放送した『拳精』(1978 ロー・ウェイ監督)
悔しいけど、また見入っちゃった(´~`)。゜○

ジャッキーも23歳くらいかな。若いー!

Kensei1
レビューは昨晩投稿しました。こちらです。
「「勝たせてよ!」「八百長はいけない!」」


確かに思い出してみると、これも私が子供の頃、
テレビで流れていました。トンファーを真似して作った男子もいたわ!

この作品、とにかく香港映画のしょーもない部分が盛りだくさんで
とっても楽しい。いや、アホらしい。

レビューに書いたジャッキーに拳を伝授する
五獣拳の精霊って、これですもん↓

Kensei2


なんというクオリティ( ̄Д ̄ 
頭にはそれぞれの拳、向かって左から「豹・蛇・龍・虎・鶴」の
マスコットを頭に載せています。でも、この精霊コントが何度観ても好き
実際、動いている精霊の皆さんはこちらからどうぞ

また、こちらもレビュー内で書いた「チャイナガール」入りの
ラストバトルがありましたので、是非どうぞ

この曲でかなり盛り上がりますが、日本公開版のみだったんですよね。
東映の版権が切れちゃって、DVDには未収録。
昨日のBSでも流れずざんね~ん。

これを演奏していたのは、「英雄(ヒーロー)」という3人組らしいのですが、
(長沢ヒロ、佐藤満、ホッピー神山さんというお三方らしい。
作曲はアフリック・サイモンさん)
全然分からないー!日本で公開されたのが1980年ですから、
私も小学1年生。詳細が分からないわけだ。。。
YMOと同じ時期くらい…??

この辺の情報は、私よりお兄様方からの情報求む!


とにかくバカバカしい作品ではありますが、これを『裏ベスト』の中に
入れるジャッキーファンも多いみたい。愛されてるじゃないか(笑

NHKBSできっとまた流れることでしょう。
目にしましたら、是非ご覧くださいませ~。
あえて「今」地上波でもやってほしー!

| | コメント (8)

大好き!「少林寺」&「少林寺2」

これなぁ~に?

Sucu1
ズンっ…

Sucu2
ズズンッ…

Sucu3
ズズズンっ…

Sucu4
ズズジャ~~~~~~~~~~~~~~ン!!

我が家の収納タイプの立ち上げスクリーンでございます。
この防音室は6畳と狭いので、スクリーンも80インチ。
100インチは6畳だとプロジェクターとの距離がダメ。首も痛くなる。残念
エアコンの大きさから、なんとなくスクリーンの大きさも想像できるでしょうか?
スピーカーは映っていませんがBOSEのを天釣りにしています。

この部屋のプロジェクターにひかりTVも繋いでいますので、
このスクリーンで父が趣味のカラオケを楽しんでいます。(歌詞、でかっ!)
また、地上波、BSも繋いだので、それこそスポーツ観戦にも良いかと。
PS3も繋いでありますので、このスクリーンでやるゲームは圧巻です。



そんなホームシアターでは、やっぱりアクション映画は最高っ( ω )
こ~んな感じで、「少林寺」も観ています。
Shorin

出演者が総”武術の達人”というガチンコ映画!
小2の私が異常に燃えた作品です。まだ小さかった妹を「修行」の相手に
したり(…覚えてないね、ごめん、妹よw)、父と闘ったり。
そして、母は興味も示さず、いつも華麗にスルー!

しかし、何度観ても、すごい武術の数々ですが、ストーリーは単純すぎw
これが原点だと、ワイヤーアクション使いすぎのカンフーは萎えます。
でも、逆にワイヤー世代は、このアクションが「平面で物足りない」とのこと。
いーや、このリンチェイの鉄拳くらってみなさいっ!

ってなわけで、こちらが投稿レビューです。
『幼い私が狂喜乱舞した元祖ガチ映画!』



そして、配給会社の宣伝にまんまと騙された「少林寺2」。
こちら、DVD特典に当時の宣材がわんさかついていました。
そーそー、こんな感じで、新聞の下の欄に大きく出てましたよ。
Shorin2

どーみてもすごい格闘・死闘映画に見えるのだが……。
蓋をあけたら、な~んてかわいいファミリームービー。
「少林寺」の「寺」の字など、どこにも見当たりません。

レビュー投稿しました。
『「少林寺詐欺」(笑)の日本公開’84』


そして、これがレビューに書いた「ハート・オブ・ライオン」(爆!
Shorin3

…でも、妙に熱い名曲ではあります(笑


「少林寺」→「少林寺2」とくれば、次は”少林寺三部作”とも言われる
「阿羅漢」でしょうけど、次はちょっとすっとばして、同じ少林寺タイトル
繫がりで「新・少林寺伝説」をご紹介します。
この作品の演出がぶっ飛びすぎてて凄い!!wwwwww
香港時代のジェット作品は、本当に良くも悪くも変なのが多くて最高!

本人はコメディやユーモアがあるものが元来お好きなようで、
もう10年以上企画を温めているチベット僧がニューヨークに行く
(「星の王子、ニューヨークへいく」みたいなもんだわね)
ドタバタコメディの実現を楽しみに待っていまーす!!

どーも硬派なアクションがないジェットには出資しない会社が多いみたいorz
あぁ、私が石油王だったら…大富豪だったら…
惜しまず出資しますけどね( ̄ー+ ̄)(←夢見がち)

自分が好きな監督に、そして、好きなスターに出資できたら最高ですねー
そしたら、間違いなくコーエン兄弟やタラちゃんに出資します。
もしだったらスピルバーグの相談にも乗りますよ(上から目線サイテーw)

| | コメント (10)

タイムセールロッキーに燃え!

今、近所のスーパーから帰ってきた。
私のテンションがすごい!意気揚々なのであーる
すべては店内のアレのせいであーる!

なにって、たまたま行った時間にタイムセールが突如始まり、
そのBGMが『ロッキーのテーマ gonna fly now』。

しかも、タイムセール品が”生卵”だったのです(笑
(※「ロッキー」を観たことがない方へ。ロッキーは生卵を飲むだ!)
むむむっ!もしや、店長、ロッキーファン?!


人間不思議なもので、テンポアップの曲がかかると少し動きが早く
なるんですよね。しかも、こんな燃える曲が流れた日には、
なんだかお客さん”総ロッキー”状態。

私もツカツカっと店内を歩き、卵パックをわしづかみ。
サササっと会計を済ませ、マイバッグに買った品を詰めていると…
うわーっ、私の隣で袋詰めしてるじーさまの動きがはっ、早い!!
シャドウボクシングの如く、ビニールもパパパパパッと取って、
足取り軽く出て行ってしまった…。もうノリノリだ。

私も繰り返し流れるロッキーのテーマに、テンションがどんどんあがり、
帰りには近くの神社の石段を駆けあがりたくなりました(苦笑



で、そのままのテンションでyoutubeでいろいろ探してみたら、
うわー、これはすごい!すごすぎる!
ロッキーのテーマを演奏した故メイナード・ファーガソンのバンドの
歴代トランペッターたちが集まったライヴ。

メイナードさん自体がダブルハイCなんてラクラク~
ハイトーントランペッターでしたが、このメンツもすごすぎ!!
ソロの掛け合いには鳥肌。聴いて大興奮!!
なにこの高音テクニック( ̄Д ̄
日系三世のエリック・ミヤシロ(宮城)さんも相変わらずパワフル!
このロッキー、半端ないわーっ( ω )
これだけトランペッターが揃うと圧倒されますね。





んでもって、こちらがメイナードさんご本人です。
いつのテレビ番組なんでしょう…(本人、少々ミスっております)
この方「スター・トレック」のテーマ演奏でも有名なんですよ~
まぁ、子供の頃は、この曲を「アメリカ横断ウルトラクイズ」のオリジナル曲
だと思い込んでましたけど…ニューヨークに行きたいかぁ!おぉー!

↓このご機嫌なシンセサイザーを演奏したいわっ。




そして、先日、007のスコアでお馴染みのジョン・バリーさんが亡くなりました。
彼の音楽は映画を観終わった後も、本当に頭にも心にも残ります。

あと心配な大御所はジョン・ウィリアムズ大先生ですよ…
まだまだ素晴らしい映画音楽を作ってください



| | コメント (10)

長い長い勘違い。愛しき蜘蛛男

夫と私は同い年なので(幼馴染とかじゃなくて、ホント、たまたま)、
目にしてきたもの、耳にしてきたものに共通項が多いんですが、
年々、年のせい(?!)か2人で思い出話に花が咲いてしょーがないw

先日も車の中で『子供の頃に見ていた戦隊モノ』の話になり
「なんだったかな~、赤が途中で交代した戦隊モノがあったよ」と
私が思わず言ったがために、
「はっ?!赤が?!赤が交代?!赤って主役だよ。それが交代?!
なんで??気になる!!早く思い出して!」と夫興奮。

結局調べたところ、「太陽戦隊サンバルカン」の赤”バルイーグル”
事務所と半年しか契約してなくて、延長もできず大人の事情で降板。
(※もともと半年番組の予定が人気爆発で1年番組になっちゃったので)

番組内の設定としては「NASAからお呼びがかかり、スペースシャトルの
操縦士を目指して渡米
」ということになっていました。
世界を守るヒーローがNASAに行ってしまったのだ!(笑



そんな話から「あれ覚えてる、これ覚えてる」と戦隊モノの話が膨らみ、
私は魔女っ子シリーズも好きだったけれど、異常に戦隊モノを見ていたことが
その知識から判明!その頃からアクションものが好きだったんだな…

でも、ウルトラマンや仮面ライダーシリーズは「そこそこ好き」程度で、
あくまでも「戦隊モノ」が好物だったのです。
しかも、赤には興味がないですよ!地味な緑あたりが私の好み



ただ、主役がピンのもので猛烈に好きだったものがありました。
それは1979年(昭和59年)から41話放送された「スパイダーマン」!
うっひょ~、主題歌なつかしー!かっくい~~~




これを見ていたのが幼稚園の頃だったので、私の中では、
「スパイダーマン=日本のオリジナル」だと思っていたのです。
それをアメリカがパクったんだと思っていました!!(爆 マ・ジ・で!!

日本のスパイダーマンがアメコミにもなるなんてすごい( ω )」
と本気でかなりの間思ってましたからね~

かなりってどれくらい…あ、高校生くらいまでかな(長っw)


でも、いろいろ調べてみると、それはそれで驚愕。
マーヴェル・コミック社と東映が「3年間は互いのキャラクターを好きに使って
いいことにしよう!」という協定があったのですね!
マーヴェル側はコン・バトラーVやライディーンを使ったようです。

しかも、原作者のスタン・リーやマーヴェル製作陣も
「日本のスパイダーマンすげー!!」とその特撮技術に驚いたそうですよ。

いや、本当に子供心ながら、あの壁をよじ登る姿や、糸を出す姿に萌え!
でも、よくよく考えたらスパイダーマンが宇宙船に乗ったり、
巨大ロボを操ったりするのが、なんとも日本のヒーローものらしいです。


そんなこともありまして、私はスパイダーマンが大好き゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
しかも、ハリウッドで映画化された時、私の好きなトビーが選ばれましたから
これまた大興奮で、益々スパイダーマンが好きになりました。
(でも、もう出ないんだよね…つД`)・゚・。・゚゚・*:.。)

たぶん日本でスパイダーマンが人気があるのって、
この東映版スパイダーマンの人気の名残もある気がします。

あ~、今さら、全話見たみたいわ!

| | コメント (8)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »