« 実年齢 | トップページ | とんだ恥レビュー「ナルニア国物語 第3章」 »

ケータイをどう携帯するか

NZのあの瓦礫と報道を見ながらなんだか切なくて泣けてきた。
そして、昼過ぎからの報道で、多くの遺体が…と聞き、愕然。
もうね、ご本人たちの無念も胸が痛むけど、ご家族の想いは想像を絶します。

こんな時に本当にワイドショーは下品極まりない。
阪神淡路大震災の時もそうだったし、新潟の中越地震の時なんて、
子供に向かって「お友達、死んじゃったね…」ってインタビューした
バカ記者がいて、あれには憤慨しました。
インタビューされた子供が泣いてるじゃないか!
しかも、それをまたテレビで流すとは。

その他にもとにかく「亡くなった」と聞けば遺族に押し掛ける品のなさ。
今回も安否が分かる前から、家族に張り付いている模様。

私はテレビを消しました。
しばらくは、文字で情報を得ます。



今回、閉じ込められながらも、携帯電話からご家族にメールした方も
いらっしゃいましたが、こういうの聞くと、「ケータイって、常に携帯してた方が
いいんだな…」って改めて思いますね。

いや、「携帯するから”携帯電話”でしょ」なんですが、
私、電話嫌いなもので、運転モードなんかにしちゃって、
カバンの中にしばらく入れたまま、とか、近所へ買い物に行くくらいなら、
家に置いて行っちゃったりすることも度々。


学生時代は、ほんと~~によく長電話もしたもんですが、
周囲も家庭を持ち始めたり、仕事も多忙だったりで、時間が合わなくなってくると
「楽しい電話」はほとんどかかってこなくなりました。
こちらもなんとなく、旦那様やお子さんの顔を浮かべて遠慮してしまったり、
今頃、まだ仕事中かも…と思うと、やはりメールになります。

楽しい電話は減ったのに、仕事の嫌な電話はよくかかってきますので、
だから尚更、放置気味に( ̄Д ̄
ケータイは、メールするためだけに持っているようなものなのです。


でも、今回のように「もしも」の時を考えると、もう外出時は
首からでも下げていた方がいいのか?!と思うほど。
男性はお尻のポケットに入れてることが多いでしょうけど、
女性はやっぱりバッグに入れて持ち歩くことが多いですからね。
いざとなると、バッグから出すのは難しすぎるかも…


今回、緊急時の時の携帯電話の役割をまたひとつ知った気がします。

|

« 実年齢 | トップページ | とんだ恥レビュー「ナルニア国物語 第3章」 »

ニュースあれこれ」カテゴリの記事

コメント

携帯電話か~。
正直私も持ちたくないけど、持ってないといけない代物ですね。
携帯にかかってきた電話に(電車の中で)すぐに出る人とか見ていると、
なんか携帯電話に縛られてるな~と感じます。
好きなときにかけられる便利な代物であるはずなのに
持ったがためにすぐに反応しなくちゃいけないような持ち物になっちゃってて
使い方考えたほうがいいんじゃないかなと感じることしばしば。
着信があってもあとでかけなおせばいいのに・・といつも思います。
満員電車でワンセグ携帯でイヤホンなしでTV見てる人とか見ると、
何のアピールだよと思います。
あぁ、都会の満員電車はこんなんばっかりで妙なストレスたまりますね。

色々問題もありますけど、
今回の事故ではやっぱり必要なものって思いますよね。
できれば機能の一部を腕時計とか服飾品とかに移行して、
災害時用グッズに昇華してくれるとより便利になるのかなと思ってます。

投稿: 次元 | 2011年2月25日 (金) 21時30分

次元さん、こんばんは!
昨日はお先にアスランモフモフ…と
ナルニアの世界へ行って参りました。
…でもって、堂々と役名を間違えながらレビューするという
只今、赤っ恥中です
早く次元さんの感想もお聞きしたいですわー!


あ~~、電車の中は、まさにいろいろな使い方の
縮図風景が見られますよね。
そうそう、どこでも無理やりすぐ出ようとする人!
正直「今出なきゃいけないわけ!?」なんて
思うこともしばしば。
それに、いますねー!イヤホンなしでワンセグ野郎とか。
あれは一体なんなんでしょう。

昨日もナルニア観ている途中で携帯パカパカやっている
おばさんがいて、イラっとしました。
急用、もしくは映画に飽きてるなら退場すればいいのに!


>持ったがためにすぐに反応しなくちゃいけないような持ち物になっちゃってて

まさにおっしゃる通りです。
確かに場面によっては携帯のありがたみを感じますが、
時には縛られずに投げておきたいな~と思う時もあります。

でも、こういった災害、または事故を目撃すると、
そうですね、腕時計、洋服…身につけているものが
何かの代用になって居場所を知らせてくれたり、
状況を伝えられる機能がついたらすごいですね!
日本だと既に研究している人がいそうですが(^^;

あぁ、こういう時やっぱり「ドラえもん」。
次元さんの先日のレビューでとっても懐かしくなりました

投稿: すみちん | 2011年2月26日 (土) 23時03分

こんばんは♪
NZの地震情報は、人数の報告に心が痛んで見るのが辛いですね。

さてさて、携帯電話。
今回被災された方の中では、携帯電話で救助を呼んだ方もいれば
日本の家族に連絡をした方もいたようで、
側に携帯を持ってて良かったなぁって思いましたよね。

話変わりますけど、
うちの父はついこないだ携帯を買いました。
すっごい遅いんですけど(笑
慣れないと携帯するくせがないので、
外出する時は家に置きっぱなし、
使わない時は電源OFF。
何のための携帯かさっぱりわかりません。

首にかけるタイプのストラップを用意して
だんだん携帯を持ち歩く癖が出てきました。

とはいえ、緊急事態の時以外
出来れば、自由でいたいココロです♪

投稿: ココロ_kibou | 2011年3月 1日 (火) 00時40分

ニュージーランドって地震のイメージがあまり
なかったので余計にビックリしました・・・。

ご家族がようやく“現場”に行けたようですが、
う〜ん、ツラい・・・。

この下にいることは分かっているのにどうすることも
できない不甲斐なさ・・・自分が家族の立場だったら
逆に現場に行けないかもしれません−。


そしてケータイ。
実は私、わりと普段から地震など災難のことを考えて
会社の洗面所にも必ず持って行く徹底ぶりだったりします。
さすがに家のトイレには持って行きませんが(笑)、
入浴時には脱衣所に持って行きます。

私の場合実家が離れているので、実家からの緊急連絡
があったら・・・なんてことも意外に考えてしまい(−ω−)

ここまで徹底しなくとも(爆)、もしものときのために
すみちんさんも外出時だけでも(笑)ケータイしたほうが
いいかもしれませんね(−ω−)♪

投稿: シバ美 | 2011年3月 2日 (水) 10時54分

ココロさん、シバ美さん、ちょっと待っててください。
夜にまたお返事入れます。

ちょっと仕事行ってきますのでー

投稿: すみちん | 2011年3月 2日 (水) 11時02分

ココロさん、お待たせしました!

NZ、なかなかいろいろなことが進まず…のようで
ご家族の気持ちを思うとつらいですね


おぉ!!お父様、携帯デビューされましたか!
携帯って慣れないと、結局ほっておいたままに
なるお父さん世代やもっと上の世代の方って
多いみたいですよ(苦笑
使い始めると、いつの間にやら離せないものになりますけどね(^^;

首にかけるストラップだとどこでも一緒♪ですしね、
いつも持ち歩いて下さることでしょう~

私もできれば常に解放された状態でいたいです!!
でも、いざとなった時の緊急時には、
やっぱり携帯の力って思い知らされますね~~

でも、カンニングは良くない(苦笑


投稿: すみちん | 2011年3月 2日 (水) 22時29分

シバ美さん、お待たせしましたー!!

私もNZって地震が多いイメージありませんでした。
でも、結構あるみたいですね
ご家族の「現場に行きたい」という気持ち、
それと同時に「見たくない」現実。
なんとも言えない気分になりますね。
マスコミももうちっと自粛して欲しいですわ。
報道が仕事でしょうけど、家族を追い回したりは
やめて欲しいです。。。


おぉ!!シバ美さん、偉い!すごい!!
徹底してますね
そう、やっぱり「何かあったら…」と思うと、
私もやはりたかが近所のスーパーにも
持ち歩かなくっちゃ(^^;

あぁ、ご実家のことも思うと…ね。
優しいわ~~、シバ美さん。
私は今、自分の親と住んでますから、
何かあればダッシュ!!(2階から1階に下りるだけw)

まだ健康で元気なうちはいいんですけどね。
やっぱりもっと年をとってくると
親の健康も心配ですよね

よし、私も今からお風呂。
携帯持ってくかな!(そして脱衣所に忘れそう…www)

投稿: すみちん | 2011年3月 2日 (水) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実年齢 | トップページ | とんだ恥レビュー「ナルニア国物語 第3章」 »