« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

私は好きだよ「がんばれ」

言葉ってつくづく難しいものだと感じます。
今回の震災も、あのような風景、そして悲しみに暮れる方々の姿には
とてもじゃないけど「がんばって!」という言葉が出てきません。

今回の被災地には私の友人や友人のご家族も何人(組)かいて、
連絡を取り合う際、やはり言葉にはとても気を付けました。
特にメールの場合は、相手が「目」で読むものなで、
耳から聞く言葉とはまた違う印象になること多々。

文字は時々、人を大いに傷つける威力を持っています。
でも、時々、お守りにしたくなるほど、温かくてありがたくて、
涙が出る力も持っているのも文字(手紙やメール)。

まさに使い方次第。
でも、その使い方がとても難しいものですね。



実は私「がんばれー!」って言葉がとても好きです。
どうしてこんなに嫌われる言葉になっちゃったんだろうと思うくらい。

ただ、混同してはいけないのは、私は好きだけど、みんながみんな
好きではないというところ。
それは「がんばれ」以外の言葉にも当てはまるでしょう。


私が「がんばれ」を好きな…というか、ありがたい( ´;ω;`)と思う理由は、
「がんばれ」って言葉そのものが嬉しいんじゃなくて、
「がんばれ」って言ってくれてる人の気持ちがありがたいのです。
「あー、応援してくれてるんだ!見守ってくれてるんだ!」という気分になるので。

でも、これも結局は”相手による”ことは大きいですよね~~(爆
セクハラと同じようなもので、

「キミ、かわいいね(◎´∀`)ノ」と好みのタイプから言われれば
「きゃーっ!!かっ、かわいい…○○さんが、私をかわいいと!(*゚∀゚)=3 」と
なるところが、
「キミ、かわいいねっ…(* ̄ー ̄*)」とあまり好きじゃない上司から言われたら、
「ぎょーっ!かっ、かわいい?!キモイわーっ(;;;´Д`)セクハラだー!」
という温度差!


同じ言葉でも「誰に言われたか」というのは非常に大きい。
私だって仙人じゃありませんから、ムカっと、イラっとくる「がんばれ」は
時々あります。「お前に言われたくないわー!」みたいな。
ホント、カチンとした言い方しかできない人っていますよねー!
おっと、暴言はここまでだ!モニョモニョ……



でも、基本的には「がんばれ」って言ってくれる人って、
意地悪や嫌みで言ってるんじゃないと思うんですよね。
その多くは優しさだと思うんです。

しかし、言葉というのは常に変化するもので、それこそ「昭和」の日本だったら
「がんばれ」=「励まし」の意味合いが強かったと思うのですが、
平成の世は「がんばれ」=「プレッシャーの代名詞」になっている気がします。

また「使わない方がいい言葉」に変化しているので、
そういう風潮ができてくると、「使っちゃいけないんだ!」と
強く思う人も増えてきましたよね。

日本に鬱病を患っている方も増えてきことも大きいでしょう。
同時に、日本社会に明るい展望が見いだせないのも、
「がんばれ」が受け入れられなくなった一因のような気がします。

がんばって乗り越えられてきたことが、がんばってもがんばっても
先が見えないことばかり。そりゃ~みんな元気がなくなっちゃう



しかし、一番大きいのは、言葉の受け手の「性格」かな、とも思います。
私は音楽を教える仕事もしていますが、同じことを言っても
「先生、もっと厳しく言ってください!!甘いです!!もっと!」と言う人もいれば、
「先生、優しいから好きです。これからも優しくしてください」と言う人も。

私自身はやっぱり褒られる方が好きですが(多くの人がそうよね(^^;))
中には叱られれば叱られるほど伸びるタイプっているんですよね~
あのストイックさというかドMな感じは本当にすごい!

ですから言葉というのは、相手によりけり。
一概に見守るだけがいいとか、優しいまなざしで…などで語れない。

実際、仙台の私の友人のお父さんは
「がんばって!っていっぱい言われると嬉しいから遠慮せず言ってね。
言われると「そうか、俺はまだ頑張れるんだ」って思うから」と言っていました。



さすがにこんな大きな震災を目の前にすると、簡単に「励まし」はかけられ
ませんが、でもつい「がんばってください」と言ってしまう人を
ひとまとめに「無責任!」とくっくってしまうのももったいない。

だいたい「励まし」に関する語彙が日本語って少ないと思いません?!
それに日本人は励ますのも照れくささと不器用さがありますよね



ちなみに「がんばれ」の語源を「我を張れ」の1つだと思いこんでいる方を
時々目にしますが、それだけに縛られると、そりゃ嫌いになっちゃうかも。

でも、「がんばれ」は、「眼を見張る」のこと。気力を込めて何事かに
立ち向かう時の目に力が充実している様を言う
…という語源もあるのですよ。

眼を見開いて、目の前のことに立ち向かう。
全身全霊で取り組む。

へぇ~~


ですから「がんばってね!」は「我を張っていけ!」ではなく、
私は「さぁ、眼を開けて!」の意味で使うのも素敵かなと。



相手・時・場所…言葉はそれによって長短所がありますが、
一方的に決めつけすぎも良くないと思います。

頭も心も柔らかくすることで、生きる言葉もありますからね。
生きている限りは使い続ける「言葉」そして「日本語」。
使用する際は臆病になりすぎず、でも、気遣いは忘れずに、
うま~く使っていきたいものです。

そして、相手が「言葉をかけてくれた」という愛情も忘れないようにしたいな

| | コメント (11)

「電車男」「塔の上のラプンツェル」「エンジェル・ウォーズ」「ガリバー旅行記」「ナイト&デイ」

連日、レビュー投稿していました。
レビューを書き始めると、ブログにたどり着く体力がなくなる…
というほど、下書きから投稿までレビューに費やす時間が長いもんですから、
数日、こちらの嫁ログをほったらかしにしてしまった( ̄З ̄)

一気にいきます!!
ようやく映画を観る元気が出てきたよ


3月19日投稿『電車男
レビューはこちら顔も本名も知らないレビュアーさんたちへ

山田孝之↓本当にすごいなぁ…。彼の役作りは常に尊敬!
Densha_2

3月11日から数日、全く映画のことが考えれませんでした。
ヤホー映画も全くといっていいほど、レビューが上がってこず、
映画ファンたちの心がこんなにも映画から離れている
時期を見たことがないくらい。

でも、この19日にふと多くのレビュアーさんたちに向けて書きたくなり、
それにはやっぱり「電車男しかない」と思ったんです。

私情をレビューにダラダラ書くのは嫌いなので、迷いに迷いましたが、
前半を「電車男」について、そして、後半にこの震災に絡めた想いというか
お願いごとのようなものを書かせてもらいました。



4月5日投稿「塔の上のラプンツェル
レビューはこちら”そのすべてが”愛らしい”傑作!”

Rapun


多くは語るまい!!語れば語るほど陳腐になってしまうかも…
それくらい私の中では、今年に入ってから鑑賞した作品中、
群を抜いての1番です( ω )

震災後、久々に映画館に足を運んだ興奮も手伝ったのか、
もう笑って笑って泣いて泣いて泣いて笑って泣いて…
あぁ、早くBD出ないかな♪
ホームシアターでも何度も観るんだ



4月22日投稿「エンジェル・ウォーズ
レビューはこちら”「ただの萌え映画」…じゃないことに萌える”

Suckerpunch2


うっひょーーーーっ!!これも最高( ω )
スナイダー監督、またしてもやってくれました。
運動神経は鈍いが、アクション映画をこよなく愛する格闘系女子(?!)の
私としては満足、満足、大満足。しかもロボトミーまで絡んでるとは!

もちろん私もこの子たちの一員になって一発ブッ放したいのであーる。
正直「画」だけを期待して行きましたが、お話もしっかりしていて感激。
いちいち出てくるスコット・グレンが個人的にはかなりツボでした。



4月24日投稿「ガリバー旅行記
レビューはこちら”笑い倒れていたのは、シアター内で私だけ”

Gullivers


一言で言えば、「ジャック・ブラックですから」で、レビューのすべてが
終わってしまう作品でしたが、個人的には……好き。バカで
あまりの評判の悪さに泣きたくなりますが、ここだけの話、
私、涙流して笑ってました。夫はシラ~っとしてましたけど。

「小ネタ集」みたいな作品。あぁ、嫌いになれない。むしろ、好き。



4月25日投稿「ナイト&デイ
レビューはこちら”トムに感じる郷ひろみさんの香り”

Knightday

去年の公開時、「エクスペンダブルズ」に夢中になりすぎて、
ついこちらをスルーしてしまいました。やっとBDにて鑑賞。
あ~~、やっぱり映画館で観ればよかったー…。

レビューでは、私が大学時代に取っていた講義「演劇論」の中で
聞いた郷さんのお話と共に、トム・クルーズについて語ってみました。

かる~く楽しめるデートムービー。
スパイアクションものを普段から観ている方には、小ネタも満載。
でも、単純にトム&キャメロンの魅力にやられる作品です。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


やっぱり私にとって映画は元気の源。
少しずつレビュー投稿のペースも今までのように戻していきたいです(*´σー`)

…でも相変わらず誤字脱字がちらほらで恥ずかしい

| | コメント (4)

今こそサバイバル?!

いろんな家庭の夫婦を見ていても思うことですが、
夫婦って絶妙なバランスでできてますよね。
一緒に笑い泣き悩み…もしますが、つい出る「性格の違い」。
このバランスが絶妙で面白い。

昨日の記事「自粛と自衛」の中のコメントにも書きましたが、
私が日々、原発問題の情報を収集して「わひゃーっ(lll゚Д゚)」などと
言う度に、夫のおちょくり具合がひどい。

「放射線入り水道水うめーーっ\(^o^)/」だの、
「ちょっと放射能の雨浴びてくるわ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙」だの、
自虐的なジョーク炸裂!!

しまいには、

「くらえ!俺のシーベルト!!ヽ(´▽`)/


と言い放ちながら、足の臭いをかがせようとしたり、おならを吹っかける。
ただちに被害が出るレベル。
放射線は臭わないけど、夫の足もおならも常に緊急警報の香りが…



でも、ふざけているのかと思いきや、常に的を得たことを言うので
私は論破されっぱなしです。
非常用持ちだし袋(中越地震の際に買ったもの)を整理したり、
非常用に買ったペットボトルの水を整理したりしていると、

「それって本当に持って逃げられるわけ?」

と尋ねてくるわけです。


確かに非常用持ちだし袋も、外出先で災害に遭えば持ちだすことは
不可能だし、ペットボトル2Lの水だって、何本も抱えて逃げられません。
つまり夫曰く、「用意したものに頼るな!あるもので生き延びるのだ!」と。

「何が大切って、食える雑草を見分ける目とか、泥水を飲み水に換える技とか、
特に重要なのは、暴徒に襲われた時の戦闘術だな!」

「ぼっ…暴徒…?!( ̄Д ̄

「人間、極限まで行ったら何しでかすか分からないでしょ。
水の奪い合いとかになったらどうするの?パニック、なめんなよ!」



この発言はこの震災が起きる前から言っていることであり、
それこそ独身時代から何度も聞いている話でした。
「そんな極限状態が日本にくるわけない。”北斗の拳”かよw」などと
のほほ~~んと思っていましたが、この震災と原発事故で
夫の言うことに妙にうなづいてしまうこの頃。

被災地で、仲間同士で身を寄せ合って「自主避難所」を作っている方たちを
テレビで見ましたが、自分たちでお風呂作ったり、食料も津波で流されてきたものを
拾い集めて料理したり、すごいたくましさ!!
インタビューでは、もともとそういった「自分たちで何かを作る」ことを
日ごろからやっていたそうです。



「生きる力と知恵」というのは、1日、2日じゃ身につかないものですね。
こんなサイトもありましたよ。リンクフリーでしたので、ご紹介。

「アウトドアで役立つ200のサバイバル術」

これは役に立つ!!必要な部分をメモしてみることにします。
「手作りパチンコで鳥を獲る」とか「タンポポコーヒーを飲もう!」とかすごいw
皆様もどうぞ~

| | コメント (14)

自粛と自衛

テレビがだんだんバラエティ色復活で、なんでしょうかね~、
この「震災も、原発も一段落しました」的な雰囲気は( ̄Д ̄

別にバラエティを流すな!…とまでは思いませんが、
改めてすごい国だと思いました。
だって、放射線が漏れ続けているのにーーーっ(爆


また、政府の対応においても、国民は確かに怒っていますが、
暴動が起きないのが日本のすごいところ!
他の国でこんな状態だったら、1人や2人、政治家も死んでそうですけど…

礼儀正しい?我慢強い?常に冷静?
いや、裏を返せば、上手く骨抜きにされている部分もあるような。


インターネットで自分で徹底的に情報収集をやるタイプの人は、
ニュースに対して「能動型」。
欠点は、時にはいらない情報まで持っていること。
(私がそんな感じ。調べすぎて具合が悪くなったwwwww)

テレビ、新聞を主に情報源にしているタイプの人は、いわゆる「受動型」。

もちろん、新聞ひとつとっても、何紙か読み比べたり、
テレビも各局の色合い、方針に気付いている人はまだいいけれど、
多くの人は流れたこと、書かれたこと以外、そう追及はしないでしょう。


例えば新潟のような東北の隣県だったり、原発がある県だったり、
まだ北関東で強い余震が日々続いている地域だったり、
具体的に放射線はじめいろいろな数値が強く出ている地域は、
バラエティが流れようが、心のどこかに危機感があるものですが、
どうしても、時が経てば経つほど、地域の温度差は出てくるでしょうね。

それはこの震災に限ったことではなく、日本のように自然災害が多い国では
常に繰り返されてきた現象のような気もします。

ニュースに取り上げられる時間、新聞に割かれる記事・写真、
これが少なくなるのと並行して、人々の気持ちや意識も
どんどん今までの日常に戻っていく。

だから、何か被害に遭った土地の人たち、また、口蹄疫や鳥インフルのような
ウィルス性のものに苦しめられた人たちは、「お願い忘れないで」と悲しい顔をする。

私も仙人ではないから、インパクトが相当強かった災害・事故以外は
どんどん記憶が薄れてしまっています。
かといって、多くの痛みを自分のことのように感じ続けるのも難しいですね(;ω;)



震災から1カ月以上が経ち、最近感じている違和感は「自粛」という言葉。
原発問題がなければ、今頃もっと復興に向けて力強く進んでいる気が
しますが、やはり、このまだ収まらない余震、そして、また他の地域でも
地震があるのではないか…。
同時に、原発の目に見えない、臭わない脅威が蔓延する中、
「自粛はやめよう!」という言葉がどうも違和感。

辞書によると「自粛」とは、
”自分から進んで、行いや態度を慎むこと”。

同類語は
”自制 自律 自重 克己 自己批判 遠慮 注意 セルフコントロール”




そう、自粛って、心のどこかにまだ「欲求」があるんですよね。
それを遠慮したり、自重すること。

テレビなどでは「「旅行に行く気分じゃない」「旅先で地震があるかもという恐怖」
などという自粛ムードが広がりをみせ、観光業界も大打撃」
な~んて言ってるけど、
それ自粛じゃないし。

先日も書きましたが、なんだか自粛とは違った喪失感が存在することを
なんでマスコミは特集しないんだろう~?

ま~、そんなこと詳しく特集したら、みんなもっと喪失感が広がって、
マスコミのスポンサーにも損失が出るでしょうからね。
「もっと買って!もっと出かけて!」と押す気持ちも分からんでもない。

もちろん元気な人や元気な地域にはどんどん買い物も旅行もして欲しいですけどね。



また、「風評被害」の使い方も非常に疑問です。

風評被害も本来の意味は、
”存在しない原因・結果による噂被害のこと”。


例えば実際に放射線物質が検出されている地域の野菜なども
「風評被害に負けない!」「風評被害に惑わされず買いましょう」というのも
私としては違和感。もちろん農家・漁業・観光に携わる方たちのことを想えば
疑ったり、手に取らなかったりは、本当に酷なことだと思います。

でも、「ただちに健康に被害はない」と言われても、
収束の見込みがない現在、消費者もどうしてもためらいがちになることは
仕方がない。特に家族の胃袋を守る奥様方が一番キリキリイライラ
するのは致し方ないこと。それに小さなお子さんがいる家庭は尚更。



「この自粛ムードはどうにかならないものか」
「自粛ムードで物が売れない」
などと言われていますが、私思うに、これはもう国民の自衛ですよ。

言葉の持つ本来の意味、そして使われ方、
こういった非常災害時には本当に難しいものだなぁと痛感しています。

| | コメント (10)

サクラと坊さん

この嫁ログも映画中心・アホな話中心だったのが
震災後、緊迫した真面目な記事ばかり。

そりゃそーだ。
今起こっている現実。
今まで観てきた映画の世界なんてとっくに超えてしまっているもの。

そして、一気に「欲」が自分の中で消えたのも驚きでした。
「観たい」とか「聴きたい」とか「食べたい」とか「出かけたい」とかetc…

いろんな「……たい」。
この欲はすごくパワーがいることなんだと感じました。

「自粛」とまた違うんだよなぁ。
なんでしょうね、この心をポッカリ切り取られるような感覚は。



そんなこんなで久々に柔らかな記事を。
新潟市もやっと桜が満開になりましたー

私が仕事だった昨日、休みだった夫は晴天の中、カメラ片手にお散歩。
白山(はくさん)公園も、すっかりピンクの絨毯です。
(新潟市芸術文化会館”りゅーとぴあ”の空中庭園より撮影)

Hakusan1


桜のトンネルも良いですね~。家族連れがいっぱい。

Hakusan2



こちらはそのお隣、新潟県民会館前の桜。

Kenminkaikan



そして、ちょっと川沿い(信濃川)に出ると「やすらぎ堤」という市民の
やすらぎの場(?)がありまして、こちらもお散歩、花見、そして、
この日は新潟ロードレースも開催されていました。
金八先生が歩いてそう(笑

Yasuragitei



夫は新潟市に来て4年が経ちましたが、昨日、初めてこちらの存在に
気付いたらしい。何度も歩いて通っているのに( ̄Д ̄
新潟市中心街”古町”(ふるまち)に建つ巨大なお坊様。

Bousan1

こちら弘願寺の弘法大師像なんです。
約9m。(3階立てのビルくらい?)
細い通りにあるので、一瞬気付かない人も多いみたい。
私は子供の頃から、ここを通るたびに見上げていましたが。

音楽仲間のDaaさんも2007年にこの像の記事を書かれていました。



おぉ~、迫力あるなぁ、このお顔!

Bousan2


ちなみにこちら豆知識

「このお方は1年に1度、夜な夜な古町を歩く」

あはは、初めて聞いた、こんな噂。
でも、こういうユーモア大好き。

どうぞこれからも古町を上から見守っていてください

| | コメント (16)

「17%削減」成功!

先日書いた記事の結果です。

Denki

なんと目標を上回る17%削減
(前年同期との比較。約40万キロワットの削減効果)
前日の12日の同時間帯と比べても8%削減効果があった模様。

へぇ~、正直、12%くらいで「目標届かず」かな…なんて思っていましたが、
企業と県民の意識は意外と高かったってことですかね~

でも、3月31日から告知されていたのにもかかわらず、
この実験を知らなかった県民も結構いたようです。
確かに告知は弱かった。
前日の地元紙でも「記事」としては扱われていましたが、
「広告」としてドーーンっと載せるとか、そういう感じではありませんでしたし。
地元のテレビ番組でももっと連呼してもよかったのかも。

さて、第二回は27日です。
次はどうなるかな。


でも、去年の猛暑を考えると、この程度の削減では厳しい面もあるでしょうね。
また、「計画停電」ではなく、こういった自主的なものだと、
家庭では「別にうちが節電しなくても…」と思う人もいるでしょうし、
何回か実験を重ねるうちに中だるみも出てきそう。

しかし、いち早くこういった社会実験を実行したことは評価されるべき。
泉田県知事、平常時は「えぇ?!(lll゚Д゚)」と思うことも個人的にあるのですが(爆)、
でも、この方、非常時に力を発揮することが多々あります。

実際、当選した直後に2004年の中越地震、そしてその後の2007年の
中越沖地震に直面してますからね。そして去年の大豪雪やら…。

今回の震災でも、いち早く被災者受け入れを申し出たり、
放射線物質に関してもモニタリングポストをすぐに増設したりと
いろいろ目に見える動きが早いのは良いことだと思っています。



しかし、そんな知事も昨日からうつろな瞳…。
東電清水社長「柏崎刈羽原発3号機の再開を希望」ですか。

この3号機、2007年中越沖地震の際に被災し、現在も点検中。
福島の件もあるだけに、こりゃ~県民からの反発もすごいことになりそう。
知事も不快感を表しております(…と地元新聞)。

刈羽原発は福島の原発と同じく「東京電力」。
確かに夏のことを考えると、福島第一原発から電気がこないので
刈羽を動かして関東に電力供給よろしく…ってことなんでしょうけどね。
いや~、でも、社長、点検中のものを無理に動かしたところで
これが”ぽぽぽぽーん”状態になってしまったら、日本海側の未来も…

それに今回の節電大作戦も、きっと知事としては、
東京電力はじめ、関東の地域への揺さぶりみたい意味もあったのかも?!
「これだけのことができますよ。やってみてはいかが」という。

実際、東北電力の新潟支店も、この日は17時から自家発電に切り替え、
社員は非常灯の下で仕事を続けたとか。
これも、東京電力が「計画停電時でも本社が明々としている!」と
苦情が出ていることに対しての嫌みかなにか?!

この辺が新潟県民の性格が出てる気がします。
口でハッキリ言うより、態度でさりげなく示す。
でも、相手に通じてないことの方が多々なんですがwwwww
うん、がんばろうぜ、新潟県民!
時にはハッキリ怒ったり伝えたりも大事だもん。



新潟県自体は「東北電力」の管轄ですので、これはこれで
夏に向けて東北の復旧・復興が進めば、電気がたくさんいります。
被災地の電気を止めたり、我慢しろ、とも言えませんから、
比較的被害が少なかった新潟県が頑張るしかないのです。
(※↑被害があった津南町や十日町は節電・停電対象外にしてあげて欲しい)

この夏は、関東の電気も、東北の電気も
実は新潟県が鍵を握ることになりそうです

| | コメント (4)

新潟県の節電大作戦!

余震が頻発していますね。
昨日は新潟も体に感じる地震が20回あったとの発表。
いや~、なんかもう20回どころじゃない感じですけど

昨日のお昼は両親と伊○丹でとんかつ食べてたんですが
「あれ…揺れてる…」と思った途端、横にぐ~らぐら~。
みんな箸にはとんかつ挟んでるのに「ひーっ!」なんて言っちゃって
ちょっとお店が異様な雰囲気になりました。

そこですかさず店員さん。

みなさまー!伊○丹は耐震がしっかりしていますからご安心ください!

あぁ、例えそれが嘘だとしても(え!?)安心する言葉。
しかも、長い揺れが収まったら…

キャベツのおかわりいかがですか?( ^ω^ )

うはー!こんなにも”キャベツのおかわり”というフレーズに
安心感を覚えることが一生に何度あるだろう!!

普段どおり…普段どおり…に振る舞う店員さんに感激しました。


でも、「余震うわーっ!」なんて言っていても、福島や茨城の方に
比べたらその恐怖は何分の一。
今日は千葉も強く揺れてましたしね。

中越地震の時も1年くらいは余震が続いたので、今回はもっと長期に
なりそうな悪寒。揺れが続くとパジャマで寝るのもイヤになるんですよね…
いつでも逃げられるように、とか考えちゃって(;´Д`A ```



毎朝、神棚に「今日も良い一日でありますように」な~んて
小さくお願いするんですが、最近の願い事がでかすぎて恐らく神様も
困惑していると思われる…(地元の白山神社のお札なんですけど(^^;))。

「原発が収束しますように」とか「余震が収まりますように」とか。

頼まれた方も「えーーっ!?それはちょっと今すぐは…( ̄Д ̄
って感じでしょうけどね。神様、申し訳ない…



さて、実は今日、東北電力と新潟県の試み「ピークカット15%作戦」の
第一回トライアルでした。こんなかわいいロゴも。

Denki

新潟県によると…

このたびの東日本大震災により、東北電力(株)の電力供給量が
被災前の供給能力の3分の2程度の水準に減少しています。
県では、今後の大規模な計画停電をできる限り避けるため、
「ピークカット15%大作戦」を展開し、その第一弾として「第一回トライアル」を
4月13日に実施します。
このトライアルは、一日の中で電力使用量が多くなる夕方の時間帯に
使用量を最小限にするため県民や産業界の皆様にご協力をいただき、
計画的に節電を行うことによりその効果を検証するものです。
(新潟県ホームページより)


んな訳で、私も夕方は夕飯の下ごしらえだけして、あとは最低限の明かりで
ぼけ~っと過ごしていました。18時過ぎてもまだ明るかったことと、
今日は暖かい日だったのも助かりました。



家庭と企業でどのくらい節電できるものなのか…
さてはてこの結果は明日発表される模様。
次の4月27日のトライアルは告知にもっと力が入るかも。

これによって東北電力が真夏の計画停電をどうすべきか
いろいろ検討するようです。

ほんのちょっとの心がけ。少しずつ効果が見られるといいな。


| | コメント (6)

メガネのシャンプー

昨夜の余震にはビックリしました( ̄Д ̄
新潟も結構揺れたのですが、わたくし、お風呂でシャンプーの最中でした。

最初、自分が頭をゴシゴシやってるから揺れてると思ったのですが、
あれ…なんか椅子も揺れてるような…
シャワーを止めて、浴槽を見たら、すごい勢いで湯船が揺れている!

頭はまだ泡だらけだし、しかし、このまま裸でどうしろと?!
とりあえず全力でシャンプーを洗い流し、タオルタオル…パンツパンツ…
とてもじゃないけど、「お見せできません」といった格好でしたわ。
でも、パンツがはけた時の安心感ったら!!(爆

まだまだ余震は続きそう。
どうか被災地の方たちの恐怖心が、少しでも和らぐ日が早く来ますように。


さて、最近のmyヒット商品をご紹介。
その名もズバリ「メガネのシャンプー」(ソフト99コーポレーション)
しかも”フレッシュローズ”の香りです。

Megane



イオンのレジ前に陳列されていたのですが、このフレッシュローズが
しょっちゅう売り切れていて、とても気になっていました。

メガネ族としては、メガネの手入れ用品に興味津々
いろいろ試しましたが、実際この「メガネのシャンプー」を使ってみると
今までの中で一番いいっ
泡をシュッシュッとかけた後、水洗いして、柔らかい布やティッシュで拭いて終了。
とってもきれいに皮脂や汚れが落ちます。

もともと涙もろくてしょうがない私ですが、この震災でいろいろな報道を見ては
涙がこぼれるばかり(´;ω;`)ウウ・・・
泣くとメガネってすごい汚れるので、このメガネのシャンプー、重宝しています。



それにしても、ネーミングがストレートだなぁ。
「メガネのシャンプー」って、そのままですよね。
小○製薬だったら「めがねふきとり~な」とか「メガネシャワープラス」とか
そんな名前になったかも(笑

メガネ族の皆さん、お店で見つけたらどうぞお試しを~

| | コメント (2)

音楽家だからできること。

先日、ニュースでこれを見て、なんだか見ているこちらが
元気になりました。役徳といいますか、ホント、この人にしかできないこと!



小さな声で
「元気ですか?って言っていいですか?」
と聞いているところがなんともまた。
「言って下さい!元気ですかって言ってください」
とお願いする皆さん、そして「元気です」の声には嬉しくなります。

記事も貼っておきますね。
「猪木が避難所で復興ビンタだー!」(日刊スポーツ.com)
この「闘魂注入ビンタ」をお願いした遠藤さんの顔とコメント↑がまたイイ(笑
テレビで闘魂注入ビンタを流したのは1局だったようですが
さすがにビンタのところが強調されると、こういったニュースは尾びれが
付いちゃって、「被災者にビンタとは何事!!」と怒る視聴者もいるでしょう。

でも、一応、避難されている方たちからのお願いでしたから。
3か所の避難所で30人ほど「闘魂注入」したようですが、
中には自衛官の方もいたとか。自衛官にもビンタ!猪木すごい!w

私もきっと「闘魂注入」してもらうな。
ちょっとした厄払いにも感じます。


それに、ただ「元気をお届け」ではなく、水30,000リットル、タオル5000枚、
ダウンジャケット500着も持って行ったとのこと。
そーいえば、小林幸子さんも無洗米10トンとお饅頭12,000個差し入れてましたね。
時にはア・カペラで歌も歌ったとか。


「普段の自分にできること」と「物資・義援金の支援」のセットは
本当にすごいと思います。それだけ財力やらスポンサーやらもあって、
有名人だからできる…という部分もあるかと思いますが、
でも、実際に現場に行って声をかける、物資を届ける、
もうね、売名と言われようがなんでもいいですよ。役に立つのなら。
「歌うことしかできませんが…」と言っている歌手よりよっぽどいい。

私も音楽が仕事なので気持ちは分かります。
「音楽で支援したい」とか「音楽で癒したい」とか「音楽の力を信じたい」とか。

でも、ちょっと待って!
自分が音楽をできるのはどうして?と考えてみると、
「寝るところ、食べるもの、精神の安定」があるから音楽を人前で演奏
できるのです。普段、当たり前すぎて気付かないけど。


本当にこれは私個人の考え方なんですが、
私は「音楽で支援」の前に、被災者の方にまずは
「寝るところ、食べるもの、精神の安定」が必要と考えます。

チャリティーコンサートで義援金を募るのもひとつの手ですが、
「慰問」は今は避けたいな、という気持ち。

「よかったら聴いてください」と別室があれば良いのですが、
避難されてる場所そのものでの慰問演奏は私は避けたいですね。
避難されてる方にとっては、そこは寝室みたいもの。
夜眠れなくて、昼間にやっとウトウトする程度…という方もいらっしゃいます。
プライベートが無いに等しい空間、訪れる側も気をつけなければなりませんね。

もちろんニュースなど見ていると慰問演奏を喜んでくれてる方も
いらっしゃいます。中には涙を流してまで。

人の心が欲するものは様々ですので、「もっと音楽を聴きたい」と
思う方もいれば、心に余裕や余白がない方もいますよね。
文化・芸術・スポーツというのは、こういった未曾有の中では
その”生かせ方”が本当に難しいです。



でも、本当に音楽を生業としている音楽家なら、今すぐ焦らなくても大丈夫!
だって、音楽家にとって音楽は、いわゆる「手に職」です。
今、演奏できなくても、身に付けた技術と心意気は沈下するものじゃない。
本当に被災者の皆さんが必要とした時まで待っても
音楽を伝える力は衰えません。自分の気持ちさえしっかりしていれば。

それに、私は長期で考えている企画があるのですが、
被災地が少しずつ元気になったら、その被災地の地元音楽家と
演奏会をしたいんです。第一弾は大学の同級生でもある仙台の友達とかな。

他県から駆け付けて演奏して「がんばってくださいね!!」と言うよりも、
地元音楽家を元気にすることが私は大事だと思っています。
そうじゃないと本当に意味で文化が復興しません。
新潟もそうですが、やっぱり地元の音楽家が生き生きしていることが
地元の文化を発展に繫がっていますからね。


また、これはどうやったらいいのだろう?と悩み中ですが、
音楽家だからできる音楽をやっていた人への「ピンポイント支援」も検討中。

というのも、多くの楽器、楽譜が流されたと思うんですよね。
楽器や楽譜、これ宝物ですもん。

今は「生きるため」の義援金が必要ですが、時期を見て、
例えば「ピアノを贈るための義援金」や「楽譜を贈るための義援金」など
何かの形で集められたらいいなぁと思っています。
これこそ、チャリティーコンサートかなぁ…

とにかく今回の震災の復興は長期戦です。
長い目で見て、本当に必要なこと、そして音楽家だからできることを考えねば。



ちなみに、アンパンマンのやなせたかし先生が「幸せってなんだろう…」と
考えて行きついたのが「食べ物を分け合うこと」だったというのは
こういう震災を目の前にすると心から思いますね。

まずは温かい力がつく食事が被災者の皆さんに届きますように。

元気があれば復興もできる!1,2,3、ダーッ!!

| | コメント (9)

スーパーの店員さんもお疲れ様。

この3週間、パソコンで変換するのはこの文字だったんでしょう。
おつかれさまです。

思わず「どんな料理じゃ!!`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!」と
吹き出してしまったけれど、おつかれさまです。

Kankoku

| | コメント (6)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »