« 信州の旅 その5「米沢の思い出と重ねながら…脱線」の巻 | トップページ | 信州の旅 番外編「乙女の置き土産」の巻 »

信州の旅 その7「善光寺に商魂を見た!!」の巻

Sono6

さて、古戦場からひたすら直進、善光寺へ向かいます。
私は小学生の時ぶりの善光寺!!懐かしい~~
Zenkouji

善光寺といえば、うちの祖母がよくお参りに出かけていました。

「ぽっくりあの世に逝けますように…」とお願いした翌日に、本当にぽっくり
亡くなった2年前。肺が弱く、晩年体調を崩しがちの祖母でした。
毎年恒例の娘2人(=つまり私の叔母たち)との長野旅行の翌日にまさか…ねぇ。
でも、実の娘たちと最後の旅行ができて幸せだっただろうな。

そんな訳で、今回両親には、「お願いするにしても、具体的に。
ぽっくり逝きたいとは思っていますけど、90手前くらいでお願いします。
明日はダメです
」とお願いしなさいね」と念押ししました(^^;
ご利益がありすぎるのも問題だ!!


妹が秋に出産するので、安産祈願のお守りか、絵馬でも書こうかな~と思った矢先、
あれ…絵馬…っつーか、絵熊……?また目が疲れているのだろうか…ゴシゴシ…
Ema1
いや、これも錯覚ではない!!リラックマじゃないのー!かかかかかわいい!
Emakuma

でも、お寺にリラックマて確かにキティちゃんのお守りも全国的に増えてますけど。
パチ●ロでも、勝手にキャラを使われ、作者さんが困っていましたが、
こっ、これは大丈夫だよね?!まさかお寺関係が勝手に作ってないよね?!

私もいい年こいて、リラックマが大好きなのですが、妹もリラックマファンなので、
この絵馬に安産願いを書いてぶらさげてきました。
ちなみに、この絵馬は700円。通常の絵馬より高かったような…
しかも、お守りもありました。お守りの後ろにはちゃんと「善光寺」の文字入り。

よくま~これを導入したもんですねぇ。
恐らくお寺内でも導入にはひと悶着あったのでは?
むしろ「すんなり導入」の方が怖いけどwwww

昔から言われている牛に引かれて善光寺(思いがけないことが縁で、良い方向に
導かれること
。信州の昔話。洗濯物を牛が角にひっかけて走って行ったことに
ムカっときたばーさまが、牛を全力で追いかけていったら、善光寺にたどり着いた。
そこでいろいろあって、結局、ばーさまの悟りとしては、「牛は仏さまの化身だわ!」
善光寺にたどり着けてラッキー!!…信心深くなりましたとさ)
…がありますが、これじゃ~熊に引かれて(惹かれて)善光寺になっちゃいそう。


その他にも私が初めて見た絵馬はこれ!「厄落とし絵馬」。
Emayaku
↑↑↑↑↑この見本を見て分かります?絵馬の真ん中の「厄」という字が指で押すと
抜けるようになってるんです。絵馬を書いたら、上の箱に厄を落として飾るという。
誰、このいいアイディアwwwwww 山田くん、座布団一枚!!

その他にもおみくじが5種類あり、どれを引こうか迷いました。
いろんなおまけがついてくるおみくじ、全国でも増えましたよね~
今回は夫と一緒に「男みくじ・女みくじ」という男女別のおみくじを引くことに。
中にはおみくじに書いてあるお告げ(?)を象徴した文字が入っていました。
私は「麗」、夫は「誠」。
Omikuji2
なんでも、私は麗しい女性だそうで♪うふふ。早速お財布に入れました。
おみくじだけは、善光寺敷地の木に結んできました。

久々の善光寺の迫力に感激しましたが、とにかくその商魂も見上げたもので
仏様もこれどー思ってるのかね??と疑問に思いつつ、楽しませてもらいました。
リラックマファンは是非、この絵馬にお願いを書くべき~



さて、朝から上田でテンション上がって、善光寺も参拝したら、あっという間に
14時半。善光寺門前にはたくさんのお店が並んでいますが、やっぱり松本城での
蕎麦リベンジということで、またお蕎麦屋さんに入りました。
Sobaya
「たきや」さん。さすがにお昼のピークもすぎて、のんびりモード。
Soba3
冷たいつゆとは別に、あったかいつゆにとろろ入り(手前)も美味しかった♪
Soba2
ミニどんぶりもついたこちらも食べ応え満点だったようです。

それにしても、松本の某店と全然味が違う…!!
はぁ~~最後の最後で美味しいお蕎麦が食べられてよかったよ~(´;ω;`)ウウ・・・

さぁ、こうして、1泊2日の信州旅行終了です。
でも、帰宅してから珍事件。

番外編につづく。
 

|

« 信州の旅 その5「米沢の思い出と重ねながら…脱線」の巻 | トップページ | 信州の旅 番外編「乙女の置き土産」の巻 »

お出かけあれこれ」カテゴリの記事

コメント

よかったですねえ、ソバリベンジ。
にしても、あったかいつゆにとろろとかって、旨そうだあ。
見てたら真面目にソバが食いたくなってきましたよ~
信州といったらソバの本場ですもんね。
一度行って食い歩きとかしてみたいなあ。
お店は「たきや」さんですね。覚えておきます!!

投稿: リラッタマ | 2011年6月24日 (金) 23時55分

玉吉さん、ども~!
リベンジ果たしました!正直、最初の某店では
「これだったら新潟のへぎ蕎麦の方が美味い!」
などと、家族で暴言吐きまくってたんです(酷いw)

でも、信州のお蕎麦がそんな低レベルな訳はない!
と信じて、最後の最後に美味しいのが食べられてよかったです。

善光寺で当初、お昼を食べる予定がなかったのですが、
最初からカナボンさんに美味しい蕎麦屋、お聞きすればよかったな~と。
長野市内では、カナボンさん御用達の映画館も発見!
「ここで観ているんだー!」と思ったら興奮しました(笑

長野、長芋も名産地みたいですね~
古戦場の売店でも、たくさん長芋が売っていました。
旅館の朝食でも長芋出ましたし。
でも、温かい麺つゆにとろろって初めて!美味しかったです。

あとは、玉吉さんとこで「う~めん」食べなきゃ♪

投稿: すみちん | 2011年6月25日 (土) 22時33分

牛に引かれて・・
一瞬、轢かれるのかと思いました。
轢かれたら命が危ういですしね、そんなわけないと思いつつも
なぜか轢かれている図を想像してしまいました。

”厄”を落とす絵馬、それすごいアイディアすね~。
クマといい寺もあれこれ知恵を絞っているところが侮れないですな。
で、結局のせられて買ってしまうという・・。

そばが美味しそうでお腹空きました。
最近食べたそばがカップ麺くらいしかないので、
そばが無性に食べたくなりました。
ゴムの束のようなハズレそばにたま~にあたるので事前の情報収集が必要ですけど。

投稿: 次元 | 2011年6月29日 (水) 22時35分

次元さん、あははっ、うちの夫も同じこと言っていました。
「牛に轢かれて善光寺?!」と。
まるで善光寺で治療するみたいですよね(笑
でも、奇跡的に治ったー!…とか、そんな伝説もありそうな気も。

「厄落とし」はすごいと思いました。
よく考えたな~っと。自分も厄年だったらこの絵馬で
落としたいですもん。…リラックマと同じく、
結局、客として”乗せられてる”ってことですけどね~
う~ん、善光寺ったら、商売上手!

この時間に食べ物の写真は刺激されますよね(^^;
お蕎麦美味しかったです♪
でもやっぱりお店によりますよね~
この門前のお蕎麦屋さんは喉越しスルルと美味しかったです!

投稿: すみちん | 2011年6月29日 (水) 23時11分

長野旅行も楽しまれたようですね〜

なるほど、今回はすみちんさんのダンナさまからしたら
接待旅行だったのですね(笑)。

しかし旅行のしおりをそこまでしっかり作られるお父様
ってスゴいΣ(・ω・ノ)ノ!
予定も立てずにいきあたりバッタリのウチらからしたら
プランニングする方って尊敬します。


んでリラックマ絵馬がカワえええええ(ω
こんなにカワかったらご利益なんかどーでもいいわ(え?)。

でもホント、よく寺側が許しましたね〜こんなの。
どう見てもフザけてるとしか思えないのにw
そのうちドラちゃんやポケモンとかも出て来そう。

おそばもめっちゃ美味しそう〜〜(一応地元だけど)
おそらくカナボンさんのお宅の近くを通ってますね〜♪

投稿: シバ美 | 2011年7月20日 (水) 12時28分

シバ美さんの故郷・信濃の国♪満喫してきましたー!
広いからあと数回行かないと…

若い頃から旅好きの父は全国どこでも網羅しているので、
今回も父にとっては「長野・復習の旅」でした。
でも、娘夫婦と行くとなったらはりきっちゃって
「あれも見せたい!これも見せたい!」と
すごいプランになってしまい超体力消耗…ですよ
父と母は最後まで元気でしたが、私と夫はクタクタに
なりながら蕎麦をすすっていました(^^;

はい~、ここのお蕎麦美味しかったですよ~
後から聞いたら、カナボンさんのお宅の近く確実に通ってます!
よっしゃ、今度は押しかけるぞー!(迷惑wwww)


リラックマがブランブランとぶらさがる光景には
思わず吹き出しました。一体、寺に営業かけた会社は
どこなんだと!
お守りもあって、リラックマが寝てる脇に「善光寺」
って刺繍してありました。

そうそうご利益うんぬん以上に、このかわいさに
やられてしまい、同じくリラックマファンの妹に
このお守りも送っちゃいましたよ~

ドラちゃんに、ポケモン…(笑
なんか屋台のお面屋さん状態になりそうですよねw

投稿: すみちん | 2011年7月20日 (水) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信州の旅 その5「米沢の思い出と重ねながら…脱線」の巻 | トップページ | 信州の旅 番外編「乙女の置き土産」の巻 »