« ビミョーなVIP | トップページ | バレンタイ~ン その2 »

バレンタイ~ン

バレンタイン目前のデパ地下が好きです。
押せや押せやで女の戦場と化していますが、いろいろなチョコレートを
眺めるのが大好き。今年は夫と父にはユーハイムのバームクーヘン
バレンタインギフトバージョンにしました。
パッケージがかわいい♪
Choko
もちろん中身も好きです。家族そろってユーハイムファンです。
是非、私への差し入れはユーハイムでお願いします!(図々しいw)

そして、今夜の楽しみは、夫が貰って帰ってくるであろうチョコレート。
女子社員の皆さん、すみません、頂きますよ~

夫に「バレンタインっていいね♪楽しみでしょ」とニヤニヤ訊ねたところ、
「例えばよ、会社のどこかに呼びだされて、恥ずかしげに「これ…」って
渡されればそりゃ楽しいさー。でも、机にポポポーンと義理チョコが
配られても、お返しが大変なだけだもん。もう社内では廃止でいいよ~」とのこと。

確かに会社のどこかに呼びだされる…って、いい大人がドキドキしちゃいますね。
私も誰かを呼びだして「これ…」っていうのもなぁ…
(それ問題だから、奥さんwwwwwwww)

先日、仕事で一緒になった20代女子が
「バレンタイン当日は彼氏と一緒にチョコフォンデュするんです~」と
言っただけで、私の方がデレ~っとしてしまいました。
あぁ、なんてかわいいんでしょう~

私は今年は「御礼チョコ」をいろいろ購入。
渡すのは先になりそうですが、今年も私を支えてくれたみんなに感謝!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、バレンタインには、私は「ラブアクチュアリー」が観たくなりますが、
チョコにまつわる作品なら「ショコラ」!
Shokora
もう10年以上前になっちゃうんですね。
私が観に行ったのは記録によると2001年6月6日でした。
まだ東京に住んでいたので、大好きなシネスイッチ銀座での鑑賞。

不思議なチョコレートを売る母娘、そしてそれを取り巻く村の諸事情。
これまたジョニー・デップが奏でるギターのテーマ曲も良かったわ~

ラッセ・ハルストレム監督も、個人的にはこの辺までが私を熱狂させました。
次の「シッピングニュース」ももちろん観に行きましたが、う~~む…
全国上映した「HACHI」もそこそこよかったですけど、
やはり「ギルバート・グレイプ」や「サイダーハウスルール」時代の味わいが欲しい~
そういえば、2010年の「親愛なるきみへ」以降、日本公開がないのが残念。
また子供たちが主役の作品も撮って欲しいな~

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、こちらがショコラのパンフレットです。
当時、シネスイッチで配っていたチラシも一緒にとってあります。
Chokora2
(ちょっと反射しちゃってます。しかも畳の上で失礼~~。美味しそうな表紙!)

当時、「ショコラ」上映とタイアップ企画で、みなとみらいと恵比寿の
「ル・ジャルダン・ドゥ・ジュリアン」で、映画の中に出てくる
”チリ・ペッパーがけのホット・チョコレート」を販売したんです。

また、青山の「ル・パピヨン・ド・パリ」では、チョコレートづくしのフルコース。
オマール海老だろうが、鴨のローストだろうが、すべてチョコソースという…
ネタと記念で食べに行こうかと迷いましたが、10000円なのでやめました(爆

パンフレットの中にはチョコのレシピも書いてあったんですよ~
Shokora3
でも、個人的にはミントが苦手なので、映画と同じくチリペッパーを使った
チョコレートを作ってみました。どんなもんかな、とやや不安でしたが、
チョコの甘味とチリペッパーの辛みがほどよく合う!

一時期、「映画の中に出てきた食べ物を実際に作る」がマイブームだったのですが、
このチリペッパーチョコは5本指に入るほど良いできでした~。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ちなみにチョコと言えば「チャーリーとチョコレート工場」。
観に行った際、「チョコレートの香りを流す」という画期的な企画を
ユナイテッドシネマ新潟がやっており、楽しみにしていましたが、
甘過ぎてつらかった思い出が(^^;

「パフューム ある人殺しの物語」の時は香水の匂いを流そう…という企画。
あれもつらかったです。

雰囲気は出るんですけど、匂いって好みがありますからね~
最近、そういうのを聞きませんが、また面白企画があれば行ってみたいな。






|

« ビミョーなVIP | トップページ | バレンタイ~ン その2 »

映画ネタあれこれ」カテゴリの記事

コメント

すみちんさん、メッセージありがとうございます!!

チョコかあ。。
イベントとしては、良いと思います。

中学時代、呼び出され、
年下の子からバカでかいケーキBOXもらった時は、
帰り道、恥ずかしくて走って帰りました。

帰宅したら、
「女の子が、家の前でうろうろしてたから、
聞いたら『渡したいものがあるんです。。』と
これ受け取っといたよ~。」
と、隣に住んでいた叔母さんに「Tシャツ」を手渡されました。

という、年下の女子にモテモテだったころを
甘酸っぱく思い出します。。。。

その20年後、年下の女子の「ざぶとん」になろうとは(笑)。

でも、どんなチョコよりも
いろんな「味」が楽しめる人生になるとは。

今年は、嫁からは手作りケーキ頂戴しやした。

プチ自慢&のろけを含む、お礼のメッセージでした~。

投稿: ayutaka | 2012年2月16日 (木) 11時21分

愛妻家、こんにちはー(笑
あぁ、ayutakaさんのお話はいつも幸せになれます。

そして、あぁ、これまた良いですね~
学生時代の甘酸っぱい思い出。
ケーキだんなんて、その女の子、がんばりましたね~
すっごく好きだったんだろうな♪
でも、中坊には照れくさいですよね。(嬉しいくせにw)

Tシャツを受け取る叔母さん(笑
これまたayutakaさん受け取る時恥ずかしかったでしょ。
でも、嬉しいくせにw

私は全校生徒の3分の2は男子…という高校だったのですが
(ドカベンのモデル校です。甲子園にもちらほらの)
あの頃が一番チョコやらクッキーやら
精を出して作っていました。
クラスの女子と一緒に作って配ったり。

男子って2月14日だけはみんな下校が遅い!
なぜ、いつまでも教室にいる?!wwwwwww
みんなドキドキバレンタインデー。
懐かしい思い出です。

>いろんな「味」が楽しめる人生になるとは。

はぁ~~ ayutakaさん、詩人にでもなってください(笑
ホント、こんな風に言ってくれる旦那さまを持って
奥様も幸せですよ~
これからもラブラブで

投稿: すみちん | 2012年2月17日 (金) 11時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビミョーなVIP | トップページ | バレンタイ~ン その2 »