お出かけあれこれ

信州の旅 番外編「乙女の置き土産」の巻

Sono7

さて、帰りにちょっとだけ小布施に寄って、母が好きな竹風堂で、栗ようかんや
栗どらやきを購入。本当は散策もする予定でしたが、上田でかなりのんびりしたため
今回は小布施散策をカットして、またいずれ訪れることにしました。
小布施はマダムたちで混んでおりました。いつか安曇野も訪れたいな。
そうそう、当初、宿泊地候補に挙がっていた上高地もいつか行きたい!

帰りは小布施から3時間。無事に新潟市に着きました。
さて、荷物をカバンから出して、お洗濯もしなくっちゃ…と思ったら、
やってしもたーーーー!!オーマイガッ!!(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

旅館にブラジャー忘れた\(^o^)/

修学旅行で脱衣所にパンツを忘れる子は時々いたけれど
(結局、恥ずかしくて名乗りでないのよね)
まさか30代後半にもなって、旅館にブラジャー…( ̄Д ̄
しかも、どこに落としたのかま~~ったく思い出せないという。
もしかして、お風呂上りに館内のどこかで落としたのかも?!
どうしましょ~~エレベーターの中とかにハラリと落ちてたら~~

旅館も部屋での忘れ物であれば、連絡をしてきそう。
でも、電話は来ない。

……もちろん、あれから2週間経っても連絡はきません。
さよなら。私のかわいいブラジャー(つд⊂)エーン
「カリオストロの城」の銭形警部だったら、こう言うでしょうね。
「奴はとんでもないものを置いていきました。それはブラジャーです」orz


こりゃ、また「長野に来い」ということですな。
はい、また伺います。
もし、「はやぶさ」のようにmyブラが奇跡の生還を果たしたらお知らせします(笑

では、番外編含め7つの旅行記事を読んで下さった皆さん、
長いお付き合いありがとうございました。
是非、信州へ遊びに行ってみてくださいね~

| | コメント (12)

信州の旅 その7「善光寺に商魂を見た!!」の巻

Sono6

さて、古戦場からひたすら直進、善光寺へ向かいます。
私は小学生の時ぶりの善光寺!!懐かしい~~
Zenkouji

善光寺といえば、うちの祖母がよくお参りに出かけていました。

「ぽっくりあの世に逝けますように…」とお願いした翌日に、本当にぽっくり
亡くなった2年前。肺が弱く、晩年体調を崩しがちの祖母でした。
毎年恒例の娘2人(=つまり私の叔母たち)との長野旅行の翌日にまさか…ねぇ。
でも、実の娘たちと最後の旅行ができて幸せだっただろうな。

そんな訳で、今回両親には、「お願いするにしても、具体的に。
ぽっくり逝きたいとは思っていますけど、90手前くらいでお願いします。
明日はダメです
」とお願いしなさいね」と念押ししました(^^;
ご利益がありすぎるのも問題だ!!


妹が秋に出産するので、安産祈願のお守りか、絵馬でも書こうかな~と思った矢先、
あれ…絵馬…っつーか、絵熊……?また目が疲れているのだろうか…ゴシゴシ…
Ema1
いや、これも錯覚ではない!!リラックマじゃないのー!かかかかかわいい!
Emakuma

でも、お寺にリラックマて確かにキティちゃんのお守りも全国的に増えてますけど。
パチ●ロでも、勝手にキャラを使われ、作者さんが困っていましたが、
こっ、これは大丈夫だよね?!まさかお寺関係が勝手に作ってないよね?!

私もいい年こいて、リラックマが大好きなのですが、妹もリラックマファンなので、
この絵馬に安産願いを書いてぶらさげてきました。
ちなみに、この絵馬は700円。通常の絵馬より高かったような…
しかも、お守りもありました。お守りの後ろにはちゃんと「善光寺」の文字入り。

よくま~これを導入したもんですねぇ。
恐らくお寺内でも導入にはひと悶着あったのでは?
むしろ「すんなり導入」の方が怖いけどwwww

昔から言われている牛に引かれて善光寺(思いがけないことが縁で、良い方向に
導かれること
。信州の昔話。洗濯物を牛が角にひっかけて走って行ったことに
ムカっときたばーさまが、牛を全力で追いかけていったら、善光寺にたどり着いた。
そこでいろいろあって、結局、ばーさまの悟りとしては、「牛は仏さまの化身だわ!」
善光寺にたどり着けてラッキー!!…信心深くなりましたとさ)
…がありますが、これじゃ~熊に引かれて(惹かれて)善光寺になっちゃいそう。


その他にも私が初めて見た絵馬はこれ!「厄落とし絵馬」。
Emayaku
↑↑↑↑↑この見本を見て分かります?絵馬の真ん中の「厄」という字が指で押すと
抜けるようになってるんです。絵馬を書いたら、上の箱に厄を落として飾るという。
誰、このいいアイディアwwwwww 山田くん、座布団一枚!!

その他にもおみくじが5種類あり、どれを引こうか迷いました。
いろんなおまけがついてくるおみくじ、全国でも増えましたよね~
今回は夫と一緒に「男みくじ・女みくじ」という男女別のおみくじを引くことに。
中にはおみくじに書いてあるお告げ(?)を象徴した文字が入っていました。
私は「麗」、夫は「誠」。
Omikuji2
なんでも、私は麗しい女性だそうで♪うふふ。早速お財布に入れました。
おみくじだけは、善光寺敷地の木に結んできました。

久々の善光寺の迫力に感激しましたが、とにかくその商魂も見上げたもので
仏様もこれどー思ってるのかね??と疑問に思いつつ、楽しませてもらいました。
リラックマファンは是非、この絵馬にお願いを書くべき~



さて、朝から上田でテンション上がって、善光寺も参拝したら、あっという間に
14時半。善光寺門前にはたくさんのお店が並んでいますが、やっぱり松本城での
蕎麦リベンジということで、またお蕎麦屋さんに入りました。
Sobaya
「たきや」さん。さすがにお昼のピークもすぎて、のんびりモード。
Soba3
冷たいつゆとは別に、あったかいつゆにとろろ入り(手前)も美味しかった♪
Soba2
ミニどんぶりもついたこちらも食べ応え満点だったようです。

それにしても、松本の某店と全然味が違う…!!
はぁ~~最後の最後で美味しいお蕎麦が食べられてよかったよ~(´;ω;`)ウウ・・・

さぁ、こうして、1泊2日の信州旅行終了です。
でも、帰宅してから珍事件。

番外編につづく。
 

| | コメント (6)

信州の旅 その5「米沢の思い出と重ねながら…脱線」の巻

Sono5

さて、上田駅から徒歩で15分くらい?のところに池波正太郎さんの
真田太平記館」があります。真田一族に深く関心を寄せていた池波さん。
小説「真田太平記」は昭和49年~57年という9年間の連載だったとか。

うちの夫がこの真田太平記の大ファンだったので、今回、立ち寄ることにしました。
しかーし!!あれれ?!館の写真を撮ってなかった…orz
中も撮影禁止でしたし、雰囲気は上田市のHPからどうぞコチラ

ちなみにこ中のカフェのロールケーキセットが美味しかったです♪
(え…太平記関係の感想は…?!)


さてさて、上田市から長野市に移動。
史跡の旅ならば、やはりこれも押さえておかねばね。
私は4歳くらいの時、訪れてるらしいのですが、記憶はナッシ~ング!

八幡原史跡公園~川中島古戦場

残念ながら資料館は休館日だったので、例の銅像だけ拝んできました。
「武田信玄 上杉謙信 一騎討ち像(三太刀七太刀)」キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
Ks
この像、良く出来てるんですよね。信玄も謙信もすごい迫力!
S
K
そして、この公園には様々な売店があるんですが、そこの皆さんはじめ、
地域の方々が、ボランティアガイドをやっているようです。
月曜の午前中ということもあり、私らと他2組しか観光グループがいなかったので、
ガイドさんがジーッと私の方も見ていましたが、時間がなかったので、
目を合わさずとっとと逃げてしまいました(^^;

で、今回の表紙写真のおトイレ「霧の川中島」で休憩したりして(笑


ちなみに、この戦いを800人で再現する祭りがあります。
山形県米沢市の「米沢上杉まつり」!!
2007年にこのイベントの桟敷席をネット予約して行ってきました。
米沢は上杉贔屓の土地なので、「新潟から来た」と言っただけで、
イベントの関係者の皆さん、そして、旅館の仲居さんまですごい親切。
店でも、おまけもいっぱいもらった(笑

ちょうど直江兼続ブームの年でもありましたからね。
兼続が越後から米沢に移り住んでからは、治水事業から町の整理まで
いろいろと米沢藩の基礎を作ったので、米沢の特に年配の方は、
「新潟からの観光客welcome!」が多いみたい。

ちょっと信州の旅から脱線しますけど、この川中島の八幡原の戦いの再現は
実際の人間がやるとこんな感じになります。
しかも、この戦いの再現、ちゃんと45分、ストーリー仕立てで進むという。
市の職員の皆さんが中心になってやっているようです。

以下、桟敷席から12倍の望遠で撮った写真。雰囲気どうぞ。
Oyakatasama_1_p
信玄公。もちろん米沢市民の方。
Hata_p
謙信公。この方、もう何年も連続してこの役をやってるんだそうで。

Kousaka_p
途中、妻女山から高坂隊が降りてきたー!!千曲川を渡るー!
…という設定で、地元高校生たちが、川の中を走ってくるという見せ場。
観光客も拍手喝采で盛り上がりました。

Busho2_1_p
でもって、市の職員の皆さんの白熱の演技。よくま~練習したもんだ。
Kubi_p
この祭り、何がすごいって、獲った首も再現してます…武田信繁の首だったかな、これ。
Shitai_p
戦いも終盤になると死体も増えてくよ。高校生、マジメにやってw

Ninnja1_p

ちなみにこの祭りの黒子は、忍者の格好をした米沢市職員さん。
時折、いろいろなところで耳打ちしたり、セットを動かしたりしていました。
私も米沢市職員になりたくなってきたw


各地にこういった再現祭りは数あれど、米沢の謙信公祭りはその規模がすごい!
是非とも一度は観に行って欲しいものです。

……あらら、信州の度が、米沢の旅の説明になっちゃった
次は、お馴染み、長野といえば善光寺!!
善光寺では、寺の商魂を見たぞ~~

つづく。

| | コメント (5)

信州の旅 その4「サマーウォーズの里だぁ!」の巻

Sobacha

さて、上田城跡公園の二の丸橋を出ると正面に、今回の旅のお目当ての1つ
上田市観光会館売店がドーンっとあります。
1階はお土産屋さん。真田グッズから戦国BASARAグッズまでいろいろと置いて
あります。もちろんご当地のお菓子類も置いてあり、見ているだけで楽しい。

そして、「休憩所」という矢印に沿って二階に上がっていくと…
おっ!上田で撮影された映画のポスターがいっぱい。
Kannkoueiga
(ちょっと反射しちゃってます…)
Kankoueiga2
Kannkoueiga3
Kannkoueiga4
出た!スケキヨさんwwww
でもって、これ↓見たさにこちらに寄ったのです。ジャジャーンっ!
Kankouiga5
「乱世を生きる」…じゃなくて「サマーウォーズ」( ω )
2009年夏、最初は観るつもりもなかった「サマーウォーズ」ですが、
ETCを取りつけてる待ち時間に「映画でも観よう」と入ったのが「サマーウォーズ
でした。何気なく入ったのに、夫も私も結局泣いたりして、一気にファンに♪

賛否分かれる部分もあったけれど、それでもあの2009年の夏、
映画ファンの間では熱く熱く語られた作品でした。

Sw1
細田監督の直筆サイン。夏希先輩、か~わいい~~!

Sw2
台本も読むことができます。お客さん、もう1組しかいなかったので、
かぶりつきで読んでしまった(笑 そして、私が大好きなシーン…

Sw3
ドイツの男の子のアバターが…キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
「74」→………「75!」のあの名場面です。パブロフの犬並みにこれだけで泣ける!

それにしてもこの観光会館の2階、観光案内所でもあるんですが、
ところ狭しとこんなものまで飾ってありました。
レゴブロックで作った上田城(笑!!! よく作ったなぁ~!
先日の「其の参」の表紙に使ったナノブロック武将がいる城です。
Legojo

そして、やっぱり甲冑は外せませんね。我が家にも一体欲しいwwww
Kaccuu

そして、上田駅前のロータリーには、こんなタペストリーがあるのです。
もう随分、色あせちゃってますけど。
Ekimae1
Ekimae2
夏希先輩のアバターが上田市の「サマーウォーズ」に登場する場所を紹介。

駅前でカメラをパシャパシャ…完全にどこからどーみてもミーハーな観光客でした。
でも、上田市も上手いこと観光PRしているな~と実感。

ちなみに今回、観光会館でいくつかお土産を買いましたが、我が車に
また乗員が増えました。(兼続は会津武家屋敷のお土産屋さんで購入)
Kuruma
写真の加工で明るめにしてますが、実際はガラスがもっと黒いので、
一瞬「赤ちゃんが乗ってます」「わんこが乗ってます」のプレートかと思われるよう。
残念!!武将が乗ってんのよwwww
ガソリンスタンドでは、窓ふきのお兄ちゃんが毎度`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

さて、次は上田駅から徒歩でも行ける池波正太郎の記念館。
そして、また長野市に移動して川中島古戦場の例の銅像です。

つづく。

| | コメント (6)

信州の旅 その3「巨大●●●発見!」の巻

Busho_2
さて、千曲市の戸倉上山田温泉にて1晩のんびりしました。
翌日は9時に出発!18号線をひたすら直進
驚いたのは、新潟だけしかないと思っていたご当地スーパー「原信」が
長野にも進出していたこと!まるで新潟市の郊外を走っている気分になりました。

よっしゃー!原信を横目に、目指すぞ!今回の一番の目的「上田市」。
Nagano3

ひたすら走って小1時間。まずは戦国ファンの聖地(?!)上田城跡公園へ。
月曜日の朝でしたが、もうすでに駐車場には車がいっぱい停まっていました。
さて、入るとしますかね~。本丸と二の丸のみの城跡ですが。
Uedashomen
おや…↑ここにとっても気になるものが…

Juuyuushi
`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!これは豪華wwwww 真田十勇士の顔出しパネル!!
どこかの暴走族の集まりっぽい!!(笑

実はわたくし、この観光地顔出しパネルの大ファンで、観光の度に、
あらゆる顔出しパネルから顔を出して、その写真をコレクションしています。
もちろん、これにも顔を出しましたが、いかんせん数が多い
しかも、これって、大勢で一斉に顔を出すからこそ生きる顔出しパネルです。
いいなぁ~ 修学旅行生とかうらやましい~!

今回、父にも母にも夫にも「ねーねー、一緒に顔出そうよ~!」と懇願したものの
あっさり断られました。恥ずかしいとか言ってんじゃないわよ!(←キレ気味)


さて、中には資料がいろいろ展示されていまして、しかも撮影OK!
Uedanaka
Masayuki
ビミョーなクオリティなかなかよく出来たの昌幸さんも登場。

城内にはガイドさんがいらっしゃいましたが、何がかわいそうって、
ここに見学に来る人たちって、やたら真田家にも戦国時代にも詳しい模様。
「おひとりさま」で来ている男性も多かったんです。
ガイドさんが「これはですね」な~んて話かけても、皆さん、結構ガン無視で(苦笑
うちの父も夫も、説明もされても「知ってます」「それ分かります」ー終了ー。

結局、一番頭の弱そうな私(!)がターゲットになってしまい、
ガイドさんの話を「は~」「ほ~」「へ~」と聞いたのでした。


さて、窓の外に見える真田神社を参拝してみましょうか…
Sanadajinnja

ズンズンズンっ、階段を下りて、鳥居をくぐります。あれ、なんか赤いのがあるよ…
Kabuto1
この六文銭は、うん、あれだ、あれだね…でも、あれ…なんかちょっと…
Kabuto2
あれ…なんかちょっと…目が疲れているのかな、遠近が…

Kabuto3_2
んんんんん~~~~目の錯覚ではないっぽい……っていうか、
でかーーーーーーーーっ!!wwwwwwwww

Kabuto5
なんだこの大きな兜は!!!(笑 もう声出して笑っちゃいました。
これぞ真田幸村の兜です。よく作りましたねぇ~。

でも、これ見た瞬間「ワンピースのチョッパー?!」に見えた私。
夫に「まさかと思うけど、チョッパーって幸村のこれがモデルとか…??」と
恐る恐る聞いたところ、開口一番に
「チョッパーは鹿じゃねーし!トナカイだし!」
と怒られました。だって、この色合いといい、角といい…ねぇ。


そして、この神社でさらなる驚きは絵馬でした。
さすがに人様の絵馬を写真に撮るのはよくないと思い撮りませんでしたが、
何が驚きって、どの絵馬にも”ハチマキをした青年”が描かれているんです。
「なに、これ?なんかのキャラ?」と夫に聞けば「戦国BASARAの幸村」とのこと。

うわー!ゲームの「戦国BASARA」の幸村ファンが押しかけているのか!
聖地なのだな、ここは!キャラの詳細はこちら戦国BASARA2(注意:音が出ます)
みんなイケメン武将……萌えてるわけですか。なるほど。

いわゆる歴女の皆さんがこの神社に来ては、幸村さんを絵馬に描き、
そこにお願い事を書いているようです。
「幸村さま~!ゲームの点が上がりますうに…」とか。
これまた願いが現代的w 

さて、次は二の丸を出たところに、私の目的としているものがありまして、
そこにレッツゴー!!上田が舞台のあの映画…

つづく。

| | コメント (6)

信州の旅 その2「真田邸と松代城跡へ急げー!」の巻

Sono2

さて、松本城でクタクタになった後、時間を見たらもう15時過ぎ!
朝7時半に新潟を出ましたが、ホント、1日になんてあっという間です。
お次は長野市の松代に移動。松本ICから長野ICに向かいました。

Nagano2

私と夫だけの旅行ならば、恐らくそのまま松本に泊まって、もう旅館で
のんびりモード…なんですが、今回、私の両親も一緒。
うちの父は無類の旅行好きで、とにかくいろいろな物を隅から隅まで見たいタイプ。
長野も数えきれない回数訪れています(登山含む)。
でも、まだ見たい!そして自分の旅の復習もしたい!!

それに今回、「歴史好きのかわいい婿殿に信州の旅を!」ということで、
父上が半ばスポンサーなものですから、父上の考えたプランに逆らえず、
移動することになりました。(夫にとっては「接待旅行」になったけど(^^;))

ってかね、我が家、私が幼い頃から旅行には、必ず父制作の「旅のしおり」が
あるんですよ。もちろん今回も修学旅行並みのスケジュールが書かれたしおりが
我々に渡されました。
うーむ…移動が多すぎる…orz まさに社会科見学!!


さて、長野ICに降りると、すぐに「松代城跡・真田公園」の文字が。
ただ、ちょっと駐車場が分かりにくくて、少し右往左往。
あっという間に16時過ぎです。着いたはいいけど、真田宝物館は16:30で閉館。
もう10分もなかったので、あきらめて、ご近所の真田邸に駆け込みました。
Sanadatei1
さすがにガラガラ、2組の観光客とすれ違っただけ。

Sanadateisetumei
ふむ~、真田幸教さんによって作られたらしい。幸教さん…知らんなぁ~…
(すみません、私が無知なだけかも…真田ファン、お許しを!)

Sanadatei2
中は35もお部屋がありました。この赤いのは見学者の順路用。

Sanadatei3
こちら仏間ですが、このお部屋はじめ、真田邸の壁紙、襖のデザイン、
「かわいらしい」と言ったら変かもしれませんが、とってもおしゃれ。
我が家もこんな松の壁紙にすればよかったなぁ~

Sanadatei5
そして、お屋敷系には必ず見学順路に含まれる「お手洗い」!!
いつもどのお屋敷を見学しても思うのですが、今見ると、逆におしゃれですよねwww
畳と松にかこまれて。う~ん、リラックス
まぁ、殿たちの毎日の健康を便から判断する係は大変そうですけど。
でも、それも重要なお役目じゃー!

Sanadatei4
なが~い縁側もありました。お庭はそんなに広くないけれど、この縁側から
この風景を真田家の皆さんも眺めていたと思うと、不思議な気持ち。
「建もの探訪」の渡辺篤史なら、この縁側だけで30分は語ることでしょう…


さてさて!急げ急げ!!真田邸も17時には閉まってしまいます。
素敵なお屋敷を見た後は、10分ほど歩いて「松代(海津)城跡」へ!
Dsc_0318
こちらは無料で入れます。但し、ここも17時で閉門なので急げー!!

松代城は、戦国時代に武田信玄によって築城されたと言われているお城。
明治の廃城まで300年余りにわたって北信濃の拠点的場所だった模様。
廃城後は建物が打ち壊されたそうで、城としての景観は、わずかに石垣が残るのみ。

しかし、1981年に、真田邸とともに国の史跡に指定されたのをきっかけに、
1995年より環境整備工事を行って櫓門・木橋・石垣・土塁・堀などの修理・復元
したそうです。2004年4月より、一般公開開始。

Matuhiro2
Dsc_0336
このような感じでお城自体はないのですが、石垣が浪漫を感じます。
お金があった(?!)大坂城や名古屋城とは違い石の大きさも、あるものを
ひたすら組み合わせた痕跡があるんですよね~
(もちろん修復時に現代人の手も加わってはいるけれど)

上杉謙信が陣を敷いたと言われてるのが、ここからすぐ見える妻女山。
甲越両軍が遠巻きに睨み合っていたと思うと、これまた浪漫ですわ。

そんなこんなで、あっという間に17時も過ぎ、さすがに旅館に向かうことにしました。
翌日は今日見きれなかった川中島古戦場にもレッツゴー!
その前に上田に向かいます。んな訳で、ちょっと上田に近い千曲市に移動。
松代からひたすら18号線を走って小一時間。
戸倉上山田温泉の某旅館にお世話になりました。

なぜ「某旅館」とボカすのか…。
それはとんでもないオチがこの旅にはあるからです。
最後の「番外編」までお待ちください。

つづく。

| | コメント (6)

信州の旅 その1「松本城がアホのように混んでいた」の巻

Zakki1

6月12、13日の一泊二日。車にて長野へ遊びに行ってきました
高速道路の休日1000円の最後の日曜日。
行きはかな~り皆さん飛ばしてましたね~

長野は新潟のお隣の県なのですが、長野もとにかく広い!
ご存知かしら?都道府県の面積の大きさベスト5の4位が長野!5位が新潟!
(ちなみに1位北海道 2位岩手 3位福島 飛んで6位が秋田です)

まずは私の住む新潟市から、思い切って松本市まで走りました。
Nagano
約4時間。上信越道の勾配はすごいわー!
よくまぁ、こんなところをテクテクと馬やら徒歩で上杉謙信公たちが
川中島に向けて越えて行ったと思うと、なんだか胸熱ぅ~

…で、最初に訪れたのがこちら。
Oshiro1

国宝 松本城 ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

別名「烏(からす)城」とも呼ばれたこのお城。黒と白のコントラストが美しい。
この日の松本は曇り空で、写真に収めると背景が真っ白に。
こちらなんて、なんだかCG合成みたい。
Oshiro2
今にもトランスフォームしそうでしょ(笑 もしくは、ナノブロックみたいだ…
ちょいと違う角度もどうぞ~。
Matumotoshiro2
Matumotoshiro

松本城近辺でお蕎麦食べて、見学しても2時間あれば十分と思っていましたが、
高速休日1000円最後の日だったせいもあるのか、
そして、これの大人気のおかげのせいでもあるのか
Ohisama
(駐車場に貼ってあったポスター。街中「おひさま」でした。真央ちゃんかわいい!)
城内がすごい混みあっていました。1階から6階の天守閣に行くまで90分!
私の両親は去年も訪れてるんですが、その時は天守閣まで20分くらいだったそうで。

頭だけですけど、こんな雰囲気。空気うっすー!!
Jounaikomiguai

城内は展示品がたくさんあったので、それを読みながら、見ながら進みましたが、
Shironaka3
Shironaka2
それでも、ちょっと進んでは止まって…またちょっとだけ進んでは止まっての
繰り返しで、3階にやっと来たのに「ここから天守閣まで50分」と
城内アナウンスが流れ、さすがに何人か離脱して行きました。
親子連れは更に大変で、子供たちが「帰りたい!」と泣き叫びカオス状態w

私も朝ドラ「おひさま」の大ファンなので、ドラマの中に出てきて
陽子と河原の階段」(主人公が初恋の人の手に初めて触れた階段)を
写真に収めたり、「おひさまごっこ」などやる気満々だったのですが、
そんな気分になれないほどの疲労感。そして、人が多すぎて、何撮っても
人の顔が写るので、階段も「あぁ、急だわ~」と体感するくらいでした。
Shironaka
↑こんな階段ばっかり!ここは見学者が入れないところですが、
天守閣に上るにはこのような階段をいくつも上りました。
スカートの女性陣は確実にパンツが見えますので、スカートは避けた方が良いかと。

そして、やっと天守閣!!
会津の鶴ヶ城など、時折、天守閣がベランダ(?)のようになっていて、
ちょっとした展望台のように開放感溢れるものに工事されたお城もありますが、
今回の天守閣は小窓から外がちょっと覗ける程度。

90分どころか、結局2時間ほど待たされた見学者たちは
「なにー?!これだけ?!( ̄Д ̄;;」などと、ほざく声が方々から聞えました。
いやいや、「これだけ」って…。国宝に謝れ!失礼な(苦笑
でも、こんなものですよ。確かにあれだけ待たされたらガッカリ感は強いかも。
とても素敵なお城なのに、「松本城=疲労」の印象が強く残ってしまい残念。

でも、お庭にはこんなサプライズ(?)も。
Jounaibushi
熱い中、御苦労さまです。でも、みんな喜んで写真を撮っていました。
この方以外にも甲冑組はいて、私も一緒に写真を撮ってもらいました。
でも、おしゃべりは禁止みたいで、「新潟から来ました」と言ったら、
深々と礼をされたり、頷くのみ。
でもでも、目はもう死にそうwwww 暑いですよね。甲冑は暑い(^^;


そして、松本城近くでのランチ。
信州はやっぱりお蕎麦よね~…ってことで、事前に「ぐるなび」や「ホットペッパー」で
検索してから出発。もちろん「る●ぶ」や「まっ●る」にもお店情報はてんこ盛りですが、
旅行情報誌の旅館・店舗情報って、個人的にはあまり信用してません(爆

試しに自分の都道府県の「る●ぶ」や「まっ●る」をご覧あれ。
納得!の情報もあれば、「え…このお店が…( ̄○ ̄;)?!」というのも多々。
6割くらいは「あ~分かるわ、これ載せるよね」と思いつつ、
4割くらいは「ぷぷっ、これってまさに金の力!」などと思ってしまいます。

で、今回もいろいろ情報を調べて行ったのですが、第一候補のお店が
「準備中」で入れず。第2候補は、松本城からちょっと歩かねば…もう疲れた。
そこで第3候補に入ったわけですが、ん~~…殺到する観光客用に
どうも作り置きが過ぎた感じで、残念なお味でした。

さて、旅の間にこのリベンジなるか!?
では、またつづく。

| | コメント (14)

サクラと坊さん

この嫁ログも映画中心・アホな話中心だったのが
震災後、緊迫した真面目な記事ばかり。

そりゃそーだ。
今起こっている現実。
今まで観てきた映画の世界なんてとっくに超えてしまっているもの。

そして、一気に「欲」が自分の中で消えたのも驚きでした。
「観たい」とか「聴きたい」とか「食べたい」とか「出かけたい」とかetc…

いろんな「……たい」。
この欲はすごくパワーがいることなんだと感じました。

「自粛」とまた違うんだよなぁ。
なんでしょうね、この心をポッカリ切り取られるような感覚は。



そんなこんなで久々に柔らかな記事を。
新潟市もやっと桜が満開になりましたー

私が仕事だった昨日、休みだった夫は晴天の中、カメラ片手にお散歩。
白山(はくさん)公園も、すっかりピンクの絨毯です。
(新潟市芸術文化会館”りゅーとぴあ”の空中庭園より撮影)

Hakusan1


桜のトンネルも良いですね~。家族連れがいっぱい。

Hakusan2



こちらはそのお隣、新潟県民会館前の桜。

Kenminkaikan



そして、ちょっと川沿い(信濃川)に出ると「やすらぎ堤」という市民の
やすらぎの場(?)がありまして、こちらもお散歩、花見、そして、
この日は新潟ロードレースも開催されていました。
金八先生が歩いてそう(笑

Yasuragitei



夫は新潟市に来て4年が経ちましたが、昨日、初めてこちらの存在に
気付いたらしい。何度も歩いて通っているのに( ̄Д ̄
新潟市中心街”古町”(ふるまち)に建つ巨大なお坊様。

Bousan1

こちら弘願寺の弘法大師像なんです。
約9m。(3階立てのビルくらい?)
細い通りにあるので、一瞬気付かない人も多いみたい。
私は子供の頃から、ここを通るたびに見上げていましたが。

音楽仲間のDaaさんも2007年にこの像の記事を書かれていました。



おぉ~、迫力あるなぁ、このお顔!

Bousan2


ちなみにこちら豆知識

「このお方は1年に1度、夜な夜な古町を歩く」

あはは、初めて聞いた、こんな噂。
でも、こういうユーモア大好き。

どうぞこれからも古町を上から見守っていてください

| | コメント (16)

謎のイベントの正体はコレ! その3

結局、護衛艦「はまゆき」を1時間ほど堪能しまして…つづきです。

今回、陸上自衛隊からも応援(?)がきたのか、はたまた海上自衛隊の
所有物(?)なのか、陸地でも「
自衛隊PRコーナー」なるものがありました。

まずはバイク。
これまた大人気で、老若男女、喜んでまたがっていました!


0726baiku

「かっちょいぃ〜〜〜

Baikusasu

もちろん私もまたがりましたよ〜。

そして、こちらも大人気で、次々と人が乗っての記念撮影。私も!

0726kuruma

まぁ、シャレにならない破壊力だったりするわけだけど…

0726kurumasetumei




そして、これも大人気しかし、あえて言おう!「なぜ、大人用がない

0726seifuku

イベントによっては、「大人用」もあり、大きなお友達たちが、こぞって
着たりするのです。今回はありませんでした。残念だなぁ〜(残念がるな!w)



そして、キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!
自衛隊のマスコットキャラ「パセリちゃん
この猛暑の中、なんとご苦労な…中の女性自衛官
頭が重そうです…怪しい手つきで子供達を誘っては、シールを配付。

0726jieitaiko2

「私の人生…これでいいのかな…」(パセリのため息)

0726jieitaikonugu


私と夫は勝手に「自衛 隊子ちゃん」などと呼んでいたのですが、
子供向けの自衛隊HPを見たら、「パセリちゃん」と「ピクルス王子」という
なんとも無理やり子供向けに作ったキャラで笑ってしまいました。

ピクルス王子「防衛について学ぶために、自衛隊に留学しています♪」

また、ピクルス王子とパセリちゃんは、人気者らしくキャラクターショップ
オープンしている模様!「お客様」の書き込みが熱い!!(笑

あと、いつか行ってみたいと思っているのは「富士総合火力演習」。
あまりにすごい応募倍率で、なかなか当たるのが難しい。
「陸上自衛隊広報チャンネル」の予告CMがすごい!


なんだか自衛隊の回し者みたいなレポになりましたが、夏のひととき
楽しめました。家族連れも多いので、よかったら皆さんも。
「自衛隊 自分の住んでいる都道府県名」で検索すると、地域のイベント
情報もいろいろ出てきますよー!

まぁ、真面目な話、今回見た護衛艦が大活躍するような世の中はまずいわけですが、
でも、地道に大変な任務だと思います。「防衛」に関して、いろいろ語るには、
まだまだ勉強不足の私。影ながら感謝しつつ、ごめんなさい…また好奇心だけで
イベントに突入することもあるかと思います(A;´・ω・)

そして、今回、長々と読んで下さった皆さん、ありがとうございました〜



| | コメント (16)

謎のイベントの正体はコレ! その2

先程の記事のつづきです。

護衛艦「はまゆき」には、ヘリコプターの甲板もあります。
これまた見学者が興奮して近づく、近づく(笑
そして、操縦士さんが身に付けるヘルメットやジャケットを着せてくれました。
(写真では小さなお子さんがキリッ!

0726heri

私も思わず「大人でもいいですか…?」と聞いたら「どうぞ」とのこと
だったので、着させてもらいました(7月25日記事参照)

そしたら、「かっこいーっ」と、いい年こいた大人たちが「俺も!私も!」と
寄ってきて、自衛官の方も大忙し。なんだ、みんなも着たかったのか!



こちらは「短SAM発射機」なるもの。青いのがミサイルのお尻。

0726sam_2


こちらは「短魚雷発射管」なるもの。

0726gyorai

使い方。短距離で潜水艦を攻撃できるらしい…

0726gyorai2


こちらは「SSM発射機」なるもの。

0726ssm



こちらは「20mm機関砲」なるもの。

0726kikanhou



そして、こちらは「76mm砲」。みんな体反りすぎ!!写しきれない(笑

072677mm


また、自衛官の方が、ミサイルを紹介。
私も持たせてもらいましたが、これが重いので〜〜す

0726misairudesu

「爆発はしないけど、落とすと足がくだけますので気をつけてくださいね〜」
…というブラックなアドバイスが。恐る恐る持つお子様たちもかわいかった(笑

さて、もう1回、記事を切ります。
つづきは夕飯作ってからupしま〜す

| | コメント (4)

より以前の記事一覧