映画レビューあれこれ

アメイジングスパイダーマン観てきたわ

大江千里がジャズピアニストとしてデビューしたことにも驚いたけど、
「大江千里さん(51)」の「51」にも驚いたー!
そりゃ私も年取るわけだ。
そして、激白すると大江千里のコンサートに高校生の時、2回行きましたorz

さて、そんなアメイジングな私ですが、行ってきましたよ。
「アメイジング スパイダーマン」の先行上映。
スパイダーマンが子どもの頃から大好きなもので
(東映が特撮ドラマを作っていた。嫁ログでも何度か紹介してますが)
今回も待ち切れず先行へ。もちろんマイ3Dメガネ持参です。

でも、ここでもアメイジングなことがありました。
580席の劇場に、なんと観客が15名くらい…

アメコミものもシリーズが続くと人が入らなくなるんですよね~
あとは「テレビでやるから」とか「レンタルで充分」とか、劇場に足を運ぶ人も
年々減ってるみたいですし。

まぁ、いいや!空いてる映画館大好きだし!
レビューも夜upしました。レビューはこちら。
「”ライミ版1LOVE”が私の邪魔をする」。

書ききれなかったのですが、今回、恋人がMJからグウェンに。
原作じゃ~出会ったのはグウェンが先でいろいろあるワケですが…

今回、恋人役はエマ・ストーン。
この人化粧で顔が全然違うし、写真と動画ではこれまた違う!
こちら今日行ってきたワーナーマイカル新潟での宣材の数々。
エマ・ストーン↓この写真って修正しすぎだよな~
Spy
正直、高校生役は無理がありすぎる…
なんつーんでしょうね~ 木の実ナナを若づくりさせたような感じ。
スパイダーマンの恋人役は何かこう「美女はダメ」とかあるんでしょうか。
前回のキルスティンも散々な言われようでしたが、あの人も作品によっては
美人に見えますしね~。

個人的にはエマ・ストーンの顔がどうしてもかわいく思えず。
ただ、MJに比べたら、グウェンは性格はとっても良い子の描写でした。
でも、ネットでは「かわいい!!」と絶賛の声も多々。
私は無名のメガネっこの方がかわいかったな~

スパイダーマン未見の人の方が楽しめるかも。
面白かったけど、やっぱりライミ版やトビーが好きです( ^ω^ )

| | コメント (6)

新潟の皆さん、明日から「海洋天堂」ですぜ!

当初は新潟どころか、日本での上映予定がなかった「海洋天堂」。
自称・クラシック界のカンフーマスター(誰も呼んでない~w)の
あたくしが愛するリンチェイ(ジェット・リー)の新境地です。

嫁ログでも散々しつこく宣伝してきましたが、とうとう明日から新潟でも上映。
Kaiyou
私はお先に試写会で7月に観ることができたのですが、
観たら尚更多くの方にお薦めしたくなりました。

再度レビュー貼っておきます。
こちら→ 「ジェットファンの想い集結!祝★日本公開」

自閉症の息子と余命わずかな父との物語ですが、嫌な暗さはありませんし、
いやらしいお涙頂戴でもありません。思ったよりもサラっと…でもジーンと。
但し、私にとっては小学生の頃からのheroなもんですから、
やっぱりアクションのリンチェイの方が好きだったりします(爆

アクション+心の内面だったら「ダニー・ザ・ドッグ」をご覧あれ~~
個人的には「キス・オブ・ザ・ドラゴン」より好きな作品です。

今後の楽しみは「白蛇伝説」と「ドラゴン・イン」。
日本で上映されますように~★

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

8月、9月はひじきの世話でくたくたになり、
自分の映画人生の中でもビックリするくらいの少ない鑑賞でしたが
ぼちぼちレビュー挙げています。
「ヤギと男と男と壁と」「エア★ドラム」「日輪の遺産」「カンパニー・メン」。
マイムービーから覗いて頂ければ幸い→クリック

「カンフー・パンダ2」も観ました!涙出た~~~。大好き!
そんなレビューももうすぐupします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

最近は犬ブロガー化(笑)してしまっている私です。
いや~、生き物と暮らすって本当に大変だけど、とても幸せ。

「えちごのひじき」は、ほぼ毎日更新してますので、
しばらくはそちらの方をご覧くださいませ。

こちらは相当のんびり更新になります 人( ̄ω ̄;) スミマセン

| | コメント (6)

ワンニャーっ!…と3匹大騒ぎ「奇跡の旅」

おととい38℃に届いた新潟ですが、昨夜は19℃だわ、今日は22℃だわ…。
15℃くらい気温が下がるのも困りものです。涼しくていいんだけど、風邪ひきそ

さて、先週のNHKBSシネマ(13:00~15:00)は動物映画特集でした。
ラスト金曜日を飾るは「奇跡の旅」(1993)。

3hiki2
こちら未見だったため、新鮮な気持ちで観ることができたものの、
ラブラドールレトリバー、アメリカンブルドッグ、ヒマラヤン、3匹のガチンコ演技に
驚きながらも、ビビりまくったシーンも( ̄Д ̄
あそこは普通CGかVFXじゃないのかー?!

そんな作品のレビューはこちら。
『3匹が駆ける!大好きな家族に会うために!』

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、今週は私も夫もニヤニヤの一週間でした。
思わずニヤニヤしてしまう素晴らしいものに出会いました。
今週は仕事がきつかったけど、がんばれたなぁ~
種明かしはまた後ほど

| | コメント (2)

さぁ、この夏~秋は「海洋天堂」!

3月の「アレクサンドリア」以来、Gyao(Yahoo)のオンライン試写会はかすりもせずorz
多い時には、月に4本も試写会があったりもしますが、だいたい各300名なんですね~
まぁ、全国、いや、全世界からアクセスできる訳で、応募数も相当でしょう。

応募期間は1週間。
毎日応募できますが、一回抽選に参加したら次の抽選は24時間後。
また、もし、当選した場合も、その当選時間から24時間以内に鑑賞しなければ
なりません。この注意書きをよく読んでなくて、せっかく当選しても見損なった…
という話は結構聞きます。

でも、オンライン試写会のいいところは、自分一人での鑑賞になるので、
お気に入りのシーンや、疑問だったシーンは、24時間以内なら、何度でも
観ることができるんですね~ ただ、PC画面だからちっちゃいけど。


さて、今月は…と、チェックしにいったら目から火が出た!( ω )
なななななななんと、わたくしが、この1年楽しみで楽しみで仕方なかったこちら!
Online1
(PC画面を写真で撮ると変になる…見にくくて失礼)

もともと日本では公開予定がなかったのです。配給会社も華麗にスルー!
たぶん「ノーアクションのジェット・リー」ではお客が呼べないと判断したのか、
作品の地味さに躊躇したのか…。

私も一時期あきらめて「香港版のDVD買うしかないなー。言葉分かんないけど
内容的にどーにか理解できるだろ」とまで思っていましたが、
ジワジワと日本のジェットファンが立ちあがりまして、「日本で観たい」運動開始。
願い叶って、日本公開にこじつけたのです。

当初はシネスイッチ銀座のみの予定だったので、
「東京行った時、観るしかないな~」。

しかし、おや…他の地方でも上映が決まった!うらやまし~~!
そしたら、なんと新潟でも上映が決定した!(シネウインド)
でも、秋か( ̄Д ̄

7月9日の公開日が迫るにつれ、自分はどこで観ようと悩みに悩んでいる時の
この試写会告知でした。さて、当たるかな?!
まずはこんな画面が出ます。3つの封筒のうち1つをクリックするのです。

Online2
当たるかな…当たるかな…当たれ…当たれ…ええええ~~いポチっ!
Online3
ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー
もう興奮しすぎて、鼻から牛乳でもなんでも出るわ!

とりあえず、ジェットが私の財政難の財布を救ってくれたことだけは確かです。
ありがたや~ ありがたや~ しかも、公開前に。


……で、実際観た感想ですが、こちらです。加筆して「おひとりさま」に投稿。
『ジェットファンの想い集結!祝★日本公開』

Yahoo!映画には、作品評価を「★5」で出しましたが、
「おひとりさま」は、生粋の「好き好き度」評価なので、こちらは「4」。

ジェットの演技は素晴らしかったし、内容も思わずジーンときてしまう良作。
丁寧に丁寧に作られており、特に世の中の「お父さん、お母さん」に
ご覧頂きたい仕上がりです。また「生きる」ことについて考えたい方にもお薦め。

「1年待ち続けてよかった」(´;ω;`)ウウ・・・と深く感動する私もいたのですが、
なぜ「4」かというと、やっぱりアクションありきのジェット作品が好きだと実感。
アクションと演技の深みのバランスから言えば「ダニー・ザ・ドッグ」が一番好きです。
でも、いつまでたっても、「少林寺」が私のバイブルですよ!
あのしょーもなさすぎる脚本wwww でも、アクションがガチすぎて最高!

でも、またツイ・ハークとの新作もあるようですし、まだまだ引退モードじゃなくて
よかった!慈善活動と共に、俳優としてもまだまだお願いしますよ~


ではでは「海洋天堂」は7月9日~全国順次公開。
上映館はこちら

皆さんの街で上映がありましたら、是非、ご覧くださいませ~( ^ω^ )

| | コメント (6)

「X-MENファーストジェネレーション」「SUPER8」どちらも満足!

月末、な~んだかドタバタしては、夜、猛烈に眠くなって更新どころじゃ
ありませんでした。梅雨時って、妙に体も重くなる感じですよね~
はぁ~~、やる気がでないよ~┐(´-`)┌ (←年がら年中言っているw)

でも、そう言いつつ、6月後半~最近は多くの新しい出会いがありまして、
その方々のパワーにお話しながら圧倒されつつ、楽しくて。
こういう出会いがあるから、仕事もがんばれるー!
この場を借りつつ、最近、ご一緒した皆様にお礼申し上げます。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、夏に向けて大作の封切が続いていますが、
「X-MEN ファースト・ジェネレーション」と「SUPER8」、かな~り気に入りました!

X-MENは、もともと好きなシリーズで、つっこみながら楽しく観ていましたが、
今回のは重厚でしたね~。でも、楽しさも忘れないマシュー監督ナ~イスっ。
ここ近年流行りのゼロだのファーストだの…「今だから明かす序章シリーズ」
みたいなもんなので、X-MENを全く観たことない方には新鮮!ワクワク!ですし、
今までのX-MENファンには「そうだったんだー!(´;ω;`)ウウ・・・」もいっぱい。

お互い映画好きでありながら、8割方、映画の趣味が合わない…という
私と夫が久々に「うむ、よかった!」と意見が一致した作品です。

帰宅後、今までのシリーズのDVDをひっぱり出して、myホームシアターにて再鑑賞。

更にはいい年して、夫婦でX-MENごっこに夢中wwww
ちなみに私は、夫のことをマグニートーならぬ「エロニートー」と最近呼んでます。
プロフェッサー奥様としては、「うううう…何を考えているか読める…おっぱいだな!」
とか言っちゃって。あぁ、もっと日本のためになること考えよーぜ!ヘイヘイ!

レビューはまたまた書き加えております。
『X-MEN未見の方には超推薦!ファンの方は「何、この感慨!」』

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、話題の「SUPER 8」。
あのテレビの宣伝にまんまと乗せられて鑑賞した方には厳しいものがあるでしょうね。
こんなにJ・J監督の趣味丸出しですと(苦笑

スピルバーグも「製作総指揮」と名前が出る度、叩かれてかわいそ~~
名貸しと大スポンサーくらいに思わないと!

気になっていて、しかも「E.Tみたいな友情もの?!」「感動しちゃうかな!?」
な~んて思っている方は、こちらをお読みください。
私の大好きな宇宙人都市伝説も兼ねて書いております。

こちらも書きに書き加えておりま~す。
『J・Jの”大作”風、インディーズ映画だよね、これ!』

本当は夫も当初観たいと言っていたのですが、封切になってレビューも
どんどん投稿され始めてから、「なんだか酷い微妙臭がする!( ̄Д ̄」と
言い放ち、「俺は行かない。BDでいいや」と。

確かに夫は観に行かなくて正解。
私は監督の趣味丸出しアホ映画が大好きですが、これはそういう守備範囲がない人
には非常に薦めにくい…。でも、私は楽しかったので良しとしまーす!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

そして、この1年、ず~~~っと宣伝し続けたジェット・リーの「海洋天堂」。
ななななんとオンライン試写会に当選し、公開前に観ることができましたー!
全国順次公開とのことで、新潟は10月公開予定。
うううっ、よかったー!まだまだ宣伝し続けます。

とりあえずYahoo!映画には投稿しました。
「ジェットファンの想い集結!祝★日本公開!」

ま~だまだ書き足りない!後日「おひとりさま」にて想いの丈、爆発です!
予告も貼っておきますね~



「誰、この作業着のおっさん」とか言わないようにw

| | コメント (4)

「犬飼さんちの犬」そして、自分のルーツ

この夏は気になる作品目白押しで、どれをチョイスするか迷い中。
6月25日に、「犬飼さんちの犬」と「X-MEN ファースト・ジェネレーション」を
観てきました。久々にどちらも当たり!

X-MENは、アメコミものの中でも好きなシリーズ。
でも、今までの続きものではなく、いわゆる過去にさかのぼり
いかにしてX-MENが誕生したか、プロフェッサーX、マグニートーの過去とは
どんなものだったのか…の「エピソード1」的な役割の作品です。
X-MENを今まで観たことがない方にもお薦めできる一本。
とりあえず、先にこちらに投稿「ミュータントだよ!全員集合!」

投稿字数制限の中では書き足りないことも多かったので、また近々、
筆を加えて「おひとりさま」の方にupします。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

さて、「犬飼さんちの犬」。
上映館が全国でいくつあるんだろう…残念ながら少ないっ
こんな感じの作品であります。小日向さん、相変わらずいいですね~


でもって、こちらがレビュー。
「芸なし、死なし、愛想なし。でも愛しい。だから愛しい」

実は私、犬飼さんと同じく(映画の内容からすると厳密には「同じく」という
境遇ではないんだけど)、犬が大の苦手でした。

生まれてすぐ父の転勤で佐渡へ。
今回、犬飼さんの単身赴任先の島でも、放し飼いなのか、野良なのか
犬がひょこひょこ歩いていましたが、佐渡も野良犬が多かったーorz
いや、でも、昭和ってその辺に野良犬も野良ネコもたっくさんいた気がするんですが

幼稚園の時、その野良犬たちに散々な目に遭ってからは、
20代半ばまで、本当に犬が怖くてですね…飼い主さんには申し訳ないれど、
怯えておりました…。リードなしで公園を散歩しちゃう飼い主さんよ、
「うちの子は大丈夫よ~~」などと言ってきますが、いや、あのっ…そのっ、
お宅のわんちゃんが、ああああああたくしの足を舐めて…あああああ…
全然、大丈夫じゃないんですけど!!!!( ̄Д ̄

そんな感じで、私は犬とのいい思い出はない、と思っていたんですが、
今回、この作品を見たら思い出したんです。
「犬を好きだった時期があるよね…?あったあったよ!確か!」と。

犬飼さんも、自分のルーツを終盤思い出したことで話が展開するのでが、
ホントあんな感じで、思い出がパ~っとよみがえりました。

で、家でアルバムをあさったらあったあった!これこれ!
2歳か3歳くらいの私。ご近所のこのワンちゃんが好きで好きで、
毎日会いに行ってたんですって。写真がありました。餌をあげてるところ。
Miniinu3
その後、犬が好きで好きでたまらない夫と出会って、犬への恐怖心が
ほぐれていき、今では飼おうとまでしてるんだからすごいもんだ。
「すみちんさんちの犬」という映画が撮れますわw

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

それにしても、何年ぶりに昔のアルバムを見たけれど、
親の若さがキモイっ!!(笑 いや、失礼ですね、こんな発言。
でも、写真の中の親の年齢を越してる今の自分、なんだか不思議な感じです。

そして、見つけた!先日の旅行雑記に載せた写真の場所。
Mini4
善光寺のお地蔵様と私と妹。

Mini5
川中島古戦場の謙信公の銅像の前。母と妹と。めっちゃ顔がパンパンしてますw

また、私が今でもスイカが好きでたまらないのですが、その形跡がある写真。
Mini2
スイカ好きすぎwww 祖父母や親せきには「すみちゃんにはスイカを食べさせておけば
良い」と思われ、夏はどこの家に行ってもスイカでした。

Mini1
これは3歳くらい??京都旅行。70年代ちびっこのオシャレです(笑

まー、そんな訳で、「犬飼さんちの犬」と共に、自分のルーツを再確認。
皆さんも、時々、昔のアルバム引っ張り出すのもいい刺激ですよ。

| | コメント (12)

なんだか不発「ロシアン・ルーレット」

信州の旅シリーズの途中ですが、ゲラ・バブルアニ監督の「13 ザメッティ」の
セルフリメイク「ロシアン・ルーレット《原題 13》」を観てきました。

こちらマイムービー『私のこめかみには、やや不発』
そして、更に筆を加えたものは”おひとりさま”にレビューアップ
『私のこめかみには、やや不発…の残念感orz』

だいだい、宣伝もミッキー・ローク&ジェイソン・ステイサムでお客を呼ぼうという、
ミスリードすぎ。めっちゃ脇役、しかもかる~いっ`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
でも、主役のサム・ライリー、よかったですよ~

まぁ、他人様がリメイクしてるなら、貶すこともできるけど、
如何せん監督本人が、再びメガホン取ってますんです、
「いろいろあったんだな…35歳」と思わず遠い目をしてしまいました。

この日は「スカイライン」も封切りでしたが、こちらも評価は散々ですねー。
予告を観た時、あまりのB級臭(※但し、VFXの金のかけ方がすごい!!)に
「こっ、これは…酷そうで惹かれる!!」と、ちょっと楽しみにしてたんですけどね。

レビューにも書きましたが、映画鑑賞自体もロシアン・ルーレットみたいなもんですわ。
不発だろうが、頭ぶち抜かれようが、それも含めて全部楽しみなのが映画ファン。
来週の「super8」もどうなることやら?!

| | コメント (0)

ある意味”ネタ映画”「アジャストメント」

昨日5月27日(金)に封切となったマット・デイモン主演の「アジャストメント」。
夫には散々「ビミョー臭がすげぇ!( ̄ロ ̄lll)コレ観に行っちゃうの?!」などと
言われましたが、危険そうな箱でも開けたくなるのが映画ファン!
「観て失敗したらどうしよう…」、そんなしょぼい考え方でシネコンに通えるか!
(そんな無駄な熱血いらないからwww)

…で、朝イチで観に行きました。
あああああああああ、予告と全然違うーっ!

でも、予告まで監督が作っているのなら、「騙したな!」になりますが、
予告はあくまでも各国の配給会社ですからね。
ある種の「騙してなんぼ」の世界でしょう。
今回、予告作った人、上手い!まるで頭脳系アクションを彷彿させるかのような感じ。




レビュー「すごいぜ!この中途半端感!もっと調整しろ!(笑)」はこちらにup♪
シネコン通いは基本「おひとりさま」の映画評


さて、今回、日本版はこんなポスター(これはプレゼントキャンペーン用)。

Mat

このポスター自体が既にトリックです。
映画の中で、こんなに颯爽と走っていない(爆
しかも、このポスター、写真というより、CGで描かれているんでしょうけど、
マットの体型が細い!!フォトショ職人にいじらせたアイドルのようだわ~~

序盤はドキドキワクワクするのですが、中盤以降のしょぼさはすごい!
でも、不思議と憎めないしょぼさなんです。
映画友達のカナボンさんも書かれていましたが「珍品」といいますか。
つっこみどころ満載で面白いっちゃ~面白いんですよ、これ。
同じく映画友達のKurosawapapaさんは、このテーマについて、愛情を持って
書かれています。

そう、描かれてるテーマも素敵っちゃ~素敵なんです。人間誰しも感じる
生きている時に起こる現象の不思議。

はぁ…なんでこんな作りになっちゃったんだろう。
でも、監督はじめスタッフの「楽しさ」は伝わってきました。
ま~、もうちょいアジャストメント(調整)した方が良いとは思いましたけどー(爆


マット・デイモンは相変わらずひっぱりだこですごいですね。
あの顔が苦手と言い続けながらも、ほぼ彼の作品は観ています。
今回もベッドシーンまでありましたが、あんまり嬉しくない(笑
むしろ、カットしてもらってもいいくらいだ!

でも、こんなことを言いながらも、本人が目の前に現れたら
ガチガチになって、ただただ照れるたけなんだろうなぁ、私は…。
「グッ…グッ…グッド・ウィル・ハンティングの前のせっ…せっ、戦火の勇気の時から
観てます!!ひひひっ…ヒアアフターも最高でした!!あああぁぁぁのぉっ…」。
そして、無視されるんだ、きっと


ちなみにマットは「崖の上のポニョ」の英語版で「耕一」(宗助のパパ)も
やっています。日本だと長嶋一茂さん。
宮崎アニメの吹替えとかやるんですね~ 豪華だなぁ!

さて、今年はアメリカでマット主演作品が2本決定しているようです。
日本ではもしかして、2012年公開になるのかな…?
なんだかんだ言いながら、また絶対観に行くよー!マット!

| | コメント (6)

つい、やましい目線(笑)「青い珊瑚礁」

1980年の作品ですが、一体何回、テレビで放送されたことでしょう~。

Sango2

先日、映画友達のシバ美さんも、この作品をブログにupされていて、
「懐かしいわ~~www」と盛り上がりました。

4月12日にNHKBSで、また放送されたのですが、この日、久々に強い揺れ。
緊急地震速報が出たんです。船舶事故で無人島(実は島の反対側に人食い人種が
いたりするんだけど)に漂着した2人。
8歳だった2人が、あっという間に思春期に突入し、性にも目覚めていきます。

そんな映画の見せ場である部分で…

Sango
ワ~~オッ…

裸で走る2人に…

Sango3

おっお~~~!モザイク代わり?!

なんせ緊急地震速報!これは大変です!大きく表示されるのも仕方ない。
にしても、なんというタイミング…不謹慎ながらこの表示にはつい…
すみませんっ( ̄Д ̄


そんな訳で、NHKも再び放送するという太っ腹ぶり。
先日(5月16日(月))の夕方に流してくれました。

私、これちゃんと観るの中学生ぶりなんです。
中学生の時は、もうひたすらエロにばかり目がいってしまい(笑)、
親に隠れて深夜に見ました。
しかも、テレビにタオルケットかけてwwwww

そんな昭和な思い出も含めつつ、レビュー書きました。
『つい、やましい心で観てしまう”本能ファンタジー”』

でも、大人になってから観ると、この映画の素晴らしさに気付かされます。
私の中では評価アップ!!

また、「ブラック・スワン」についても、先日長々書きすぎた後、
まだまだいろいろ思うことがあり、ようやく「総括」しました。
そんなレビューもこちらにて。
「シネコン通いは基本「おひとりさま」の映画評」

昔書いた作品もどんどん転載してま~す!

| | コメント (4)

大きな声で言えないわ…「ブラック・スワン」

先日、ワーナーに「ブラック・スワン」を観に行ったところ、
先着プレゼントなんですかね~、こんなのをもらいました。

Swan2

ブラックリボンをほどいて、開いてみると…

Swan1

おぉ、ナタリ~~♪

でも、鑑賞後、これがワーナーの入ってるイオンの中のいろいろな
ところに放置されてて「あらら…( ̄Д ̄」と。
開始前には目をキラキラさせてお友達としゃべくりまくっていた
奥様たちが、上映終了後、妙な沈黙に包まれて帰っていったのが印象的。
みんな!ポスター、家に持ち帰る気持ちにならなかったから…といって、
放置はやめよう!!ちょっぴり気持ちはお察しするが。


そんな訳で、じゃ~私はどうだったか?というと、「イマイチ…」でした(声ちっちゃ!)、
「ナタリー、凄かったな~」とは思うんですが、作品自体は好みではありませんでした。
絶賛されるのも分かるのですが、うん、ホント、好みの問題で。

私自身の職業柄故のツッコミが邪魔しましたね~
で、同時に、映画ファンとしては、なかなか面白かった部分も。
そんな職業人と映画ファン2つの観点で書いてみましたよ。

レビューはこちら 『幻覚見過ぎてぽぽぽぽーんっ!』 (ネタバレしすぎ)
新レビューブログ「シネコン通いは基本「おひとりさま」の映画評」トップはこちら


「バレエ映画」というよりは、一人の女性の「精神絵巻」みたいな感じ。
見せ場である公演シーンは、あまりの舞台のしょぼさにガッカリしましたが、
まぁ~斬新といえば斬新なオディールが踊っていました。

そんなオディールをサタデー・ナイト・ライブでパロったジム・キャリーwww
私、こっちの方が見たい(爆
Swan3

(Photo by Splash/アフロ)


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


サイドバーに「白鳥の湖」の終幕と第一幕の黒鳥貼っておきますね~。
ABTとボリショイのですけど。
(動画自体をダブルクリックすると画面が大きくなりますよ)
悪役大好きの私は、やっぱり悪魔ロットバルトも萌える~♪
そして、見よ!スヴェトラーナ・ザハロワの美しさと風格!

「バレエ」に関するものが観たければ、こちらのような2本もどうぞ。
『パリ・オペラ座のすべて』


『ベジャール、そしてバレエはつづく』

私が一番好きなバレエ映画はやっぱりダルドリー監督の
「リトル・ダンサー」(Blliy Elliot 2000年・英)。
こちらのラストも白鳥の湖が出てきます。父と息子の葛藤と関係に涙。
鑑賞ノートには公開当時、しっかり感想書いてありますので、そのうちupしまーす。

| | コメント (6)

より以前の記事一覧